他人の仕事を手伝うか悩んだ時の考え方~帰宅かを選ぶ境界線~

roman

自分の仕事は終わったけど、他の人はまだ仕事をしている。定時にもなってるけど、なんだか帰りづらいな。かと言って、今日の仕事もハードで疲れたし帰りたいな。でも、こういう時であっても、やっぱり手伝った方がいいかな?でも、正直なところ帰りたい。どうすればいい?

こんなお悩みにお応えします。

スポンサーリンク

とにかく帰りたい人は

単純に考えて、簡単な嘘をつくことが手っ取り早いでしょう。

例えば「親が田舎から出てきている」「子どもを迎えに行く」など、やむ得ず帰宅しなければならない状況であることである必要があります。

ただし、あくまでですので、心苦しい部分はあると思います。

さらに大嘘ではないにしても、何かをきっかけとしてバレてしまい自分の立場を危うくする可能性があると考えるれば、嘘をつくのはリスクが高いと言えます。

もちろん本当であれば、それはそれで早く帰らなければならない理由として成り立つので仕事が終わったら、すみやかに帰り支度を始めましょう。

本来であれば悩む必要はない

今回の悩みである場合、本来であれば悩むこと事態が少しおかしいな話だったりします。

「仕事は終わっている」「定時になっている(過ぎている)」という、この2つの理由が揃えば、帰宅しても問題はないはずです。

もし「仕事終わっている、定時なってる、よし帰ろう」とシンプルに考えをチェンジできるのであれば、是非そうしてください。

特に会社からの(正式な)要請がなければ、「仕事が終わっている」「定時になっている」の2つの条件が揃っていれば帰ることができるはずですが、会社には「就業規則」というものが存在するはずです。

その「就業規則」に反しなければ問題ないと言えるでしょう。(こういう時のために会社から就業規則が書かれた資料はもらっておくべきです。)

目標があれば帰宅を優先

FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

仕事の進捗に問題がなければ、自分の人生で大切にしていることや、目標としていることを優先すべきです。

例えば「資格の勉強」「将来のための副業」など、これからの自分の将来のためにやりたいこと。

これら以外にも「好きなアイドルの限定イベント」などの娯楽系も、自分が大切にしているもの(活力の元)となることであれば優先すべきでしょう。

また身近なものとして「体を休める」ことを大切にしているのであれば、手伝うよりも優先すべきでしょう。

こういうことを理由にスムーズに帰宅するために普段から「自分はこうなんだ」ということを話しておくことがよいです。(ただし、「アイドルイベント」や「副業」は良い目では見られないので伏せておくのが無難です。)

例えば「僕は何時には寝ることを大切(日課)にしている。そうしないと次の仕事に響くから。」というように普段から言っておけば、残業にずっと付き合う必要はないでしょう。

自分の目標や大切なことを軽視してくる人がいれば注意

普段から話していても「そんなの関係ない」と思っている人は必ずいます。

先ほどの睡眠時間の例で言うと「大丈夫、俺はその時間起きてるけど何ともなんないから、お前も大丈夫。だから、一緒に残業よろしく。」など、自分都合の考え方しかしない、さらに軽く言ってくる人は必ずいます。

「就業規則」に乗っ取った、会社からの正式な残業指令であれば、断る理由がなければやむ得ず残業、という形にはなってしまうのは仕方がありません。

しかし、そうでない場合はしっかりと断るべきです。

そういった人に合わせていると必ず、今後も手伝わされることになり、自分が大切にしていることを大切にすることができません。

さらに自分の仕事がどんどん増えていくことにも繋がりかねませんので、自分の意思を強く持ちましょう。

手伝うことでリスクが発生することを理解しておく

仕事を手伝った方が良いのかで悩んでいると思いますが、それは「手伝うことは良い」という認識を持っているから出てくる考えです。

しかし、仕事を手伝うことが必ずしも良いとは限らないことを知っておきましょう。

他人の仕事を手伝うと逆に怒られる場合がある

「他人の仕事を手伝う」というのは、一見すれば喜ばれると思えますが、実はそうではない場合もあります。

「手伝ったのに怒られる」という不思議なことが起こったりするのです。

例えば「仕事を手伝ったがミス(もしくは余計なこと)をして返って面倒なことになった。」ということです。

手伝われた相手はあなたの「手伝います。」の一言に一瞬救われれるかもしれませんが、余計な事をしてしまったら、その気持ちは逆に敵意になってしまいます。(または、「手伝ってくれたから文句を言えない」という、相手にモヤモヤした気持ちを与えることになります。)

「自分で手伝う」=「自分の責任」
「会社の命令」=「会社の責任」

という、手伝うにしても以上のようなリスクがあることを忘れないようにしましょう。

つまり、心の持ち方としても「手伝うとミスすると思うから、あえて手伝わない」というニュアンスで良いと思います。

早く帰ると余計に仕事を振られる心配

「早く仕事を終わらせて帰ると逆に仕事を振られるかも」と心配になることもあります。

その心配は間違っていません。

しかし、自分の仕事量を計算し無理(残業)をしなければならない状況であれば、自分ではなく他の人にやってもらう様に促さなければなりません。

もし、この計算を間違い請け負ってしまえば、あなたは残業することになり、責められる立場になってしまう可能性が生まれてしまいます。

多くの仕事をこなせることは経験にもなるので良いことだと思いますが、自分にとって大きなデメリット(自分の時間がなくなる・負担が増える)になるのであれば無意味です。

夜のヘルプは受け付けない

仕事が一段落すると「手が空いたなら手伝って」という人がいます。

会社からの指示であれば「労働時間内で働く上での命令」であり「会社の責任」になるので、手伝う(業務になる)のですが、個人的な依頼は基本受け付けない姿勢であって良いです。

定時になって「さて帰ろう」という状況になって言ってくるのは論外です。

その日の仕事は基本的に定時で終わるように進めていると思いますし、いきなり言われても対応ができないのが当然だと思います。

取り掛かるにしても「翌日、会社に相談してから」という流れにするのが妥当だと思いますし、相手にもそう伝えることが良いと思います。(同僚であっても何でもOKでないことは示しておく必要はあります。)

roman

この部分はお互いの間柄にもよると思いますので、手伝う人は慎重に選んだ方が良いですね。

4 Comments

コメントを残す

ツールバーへスキップ