サクッと読める~仕事の悩み(進め方・人間関係・その他)を解決するブログ~

LINEで休日まで仕事に!?仕事でLINEを使う際の注意点と対処法

roman

仕事でもLINEを使う機会が増えたけど、休みの日でも仕事のLINEが来るようになってしまった。しかも、職場のLINEグループまでできてる。LINEは使い慣れてるから便利だけどずっと仕事している感じがして休めてる気がしない。何か対策法はないかな?

メール、電話、ビデオ通話など、ほとんどの連絡をLINEで取るようになっていると思います。

メールに関してはLINEスタンプを使った今までとは違った会話を楽しめますし、電話代も無料なので気軽に通話できます。

しかし、仕事関係の人にLINEを教えてしまったばっかりにストレスを抱えている人もいるようです。

このページでは仕事上でLINEを使う・教える時の注意点と、その他困っている状況になっている時の対処法をお伝えします。

休日・終業後もLINEで仕事の連絡が来るとき

LINEは使いやすいことが利点ですが、仕事でもLINEを使っている場合、休日や終業後にも連絡が来たりと、プライベートと仕事の区切りが付けにくい状態になっていませんか。

そんな時は以下のような対応をしましょう。

対策:返信などはしない

会社員であれば休日や就業時間は設けられているはずです。

そのため、返信をしないことは悪いことではありませんし、就労規定の違反にもならないはずです。

また、会社でルールが決めらていなければ、基本返信はしてはいけません。

「この人はいつでも連絡しても大丈夫」という認識を持たれてしまうと、休日、終業後でもお構いなしに連絡が来ることになってしまう可能性があります。

もし、返信しないことに気が引けるようであれば内容だけ見て「次回出社時に対応する」という旨を伝えるようにするだけで良いでしょう。

また、緊急時は電話してもらう様にしましょう。

会社にプライベートLINEを教えないようにするには?

所連絡等はLINEで行っている職場もあると思います。

その場合、職場のグループLINEがあったりするので、LINEを教えざる得ない場合もあります。

しかし、LINEはプライベートな連絡先ということもあり、教えたくない人もいると思います。

そんな時は以下のような対応を取りましょう。

LINEは使っていないことにするor仕事用アカウントを作る

会社でグループLINEができていたとしてもLINEを使っていないことにすることです。

もしくは、「プライベートと仕事が一色淡なるのは避けたい」という旨を伝えることです。

教える場合でも休日、終業後は連絡できない旨を伝えるようにしましょう。

その他の対策として、仕事用のLINEアカウントを作ることもできます。

“LINE@”については以下のURLを確認してください。
http://blog-at.line.me/

LINE@

LINE@
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

まとめ:予防線はしっかりと張っておく

RRiceさんによる写真ACからの写真

会社の方針となればLINEを教えざる負えない状況になることもあります。

教えないことが難しい場合は、休日、終業後は対応しないなど、自分でプライベートと仕事をきっちり分けましょう。

仕事の連絡であれば、数分の電話であっても仕事になりますので、給料が発生しなければなりません。

しかし、現状は制度も整っていなかったり、ちょっとしたことなので自分がわざわざ会社に請求したりするのも面倒だと思います。

そのためプライベートと仕事の区別はつけて対応する必要があります。

コメントを残す