20代から30代の働く人の悩みを解決するためのブログと時々エッセイ

仕事でミスが増えた人が確認するべき5つのこと

roman

最近仕事でのミスが増えている。少し前まではこんなこと無かったのに。正直、仕事をする自信も無くなってきて、かなりしんどい。なぜ、こんな風になってしまったのだろうか?

以上のような感じで悩んではいませんか?ミスや成果が出ないと、仕事に限らず自信を無くしてしまうのは当たり前です。

いわゆる“挫折”というやつですが、今のあなたは仕事に対して挫折しかけている状態と言えるでしょう。

「前は出来ていたことが出来なくなる」というのは何かしらの原因が必ずあるはずです。

このページでは、仕事でのミスが最近増え始めたと感じる人が確認すべきことと、その対処方をお伝えしていきます。

残業時間が増えていないか?

acworksさんによる写真ACからの写真

仕事が立て込んでくると残業時間が増えてくるのは当たり前です。ただし、ミスなどが増えている現状では残業は極力控えるようにしなければなりません。

ご存知の通り、ミスはさらに仕事を増やす原因になります。

残業続きで疲労が溜まっていればミスが増えるのは当然の結果です。もし、かなりミスが目立ってきているのであれば一旦“間”を挟みましょう。

休憩時間(ブレイクタイム)を作る

あなたがもし仕事に集中できていないと感じたのであれば、一旦休憩を取るべきです。

休憩を取るにしてもただボーっとするのではなく、外に出て深呼吸をしたり、ストレッチをすることをオススメします。

これだけで体の血の巡りが良くなり、集中力を取り戻しやすくなるでしょう。

仕事が立て込んでいるからこそ、簡単なリフレッシュを加えて仕事の効率化を図りましょう。

タスクを見直し定時で帰る日を作る

集中力が切れる回数が多い場合、その日は早めに帰るようにしましょう。

「でも、まだまだ仕事が…」という人もいると思います。

そういう人は、一旦“タスクを見直し”を行いましょう。タスクの見直しとは自分が抱えている仕事を把握することに繋がります。

いたずらに残業ばかりを増やしていても、疲労が溜まるだけです。結果、ミスも増えます。

今自分が抱えている仕事を洗い出し、早く帰宅する日を計画するのです。集中力が切れる回数が多いと感じるのであればなおさらです。

タスク管理の方法についてはこちらをご覧ください。(タスク管理だけでも仕事がはかどる~定時退社をめざしてやれること~

人に気をつかう機会が増えていないか?

人に気をつかうのは非常に疲れる行為です。つまり、その回数が多ければ疲れるが溜まるのは当然です。

仕事内で言うならば、お客さんや上司が当たると思います。また、その人たちがあなたと合わないタイプであれば疲れは倍増するでしょう。

タイプが合う合わないだけでなく、仕事上の付き合いとなるため、お客さんに商品を売る(売らなければならない)プレッシャーや、上司へのプレゼンや相談などの行為によっても疲れ度合いが違ってきます。

人に会わない・接しない機会を作る

人と接するストレスが減ったと感じることがあると思いますがそれは“慣れ”が大きく関わっていると思います。

しかし、仕事によっては慣れない人と接することが多いことが当たり前である場合もあります。ただし、この様な場合でも、人に会うことでストレスを感じることが多いと感じるのであれば、人に会う回数を減らす様に動くしかありません。

例えば、打ち合わせなどは出来るだけ少ない回数で内容を詰める様にして、人と接する時間を減らす様にする。

メールで済ませられることはメールで済ませる(逆に電話でさっさと要件を済ませる)様にする方法もあります。

これらは人によってストレスを感じる部分が細かく違ってくるので、自分にできる“人と接しない方法”を実践しましょう。

お酒を飲み過ぎていないか?

「仕事終わりに1杯」なんてことはザラにあると思いますが、ストレス発散のためにお酒を頼るのは得策ではありません。

お酒による不調は飲み過ぎによる二日酔いだけではなく、“気分の落ち込み”や神経伝達物質の減少”などの症状が出ます。

そんな状態で仕事をすればミスが増えるのは当然です。

飲酒は控えること

多少の飲酒であっても次の日に少しでも影響が出ているのであれば飲酒は控えましょう。

中には仕事終わりに毎日お酒を飲む人もいると思います。

「1日の終わり」という区切りでお酒を飲みたい気持ちは分かりますが、次の日に影響(気持ちの落ち込み、集中力の低下など)が多少でも出ているのであれば、次の日が休み以外での飲酒は控えることをオススメします。

出来るだけミスを減らし、気持ち良く週末を向かえるためと考えて実践してみましょう。

睡眠時間が短くはないか?

残業によりいつもより睡眠時間が削られているのであれば、これもミスの原因となります。

睡眠がとれていないと日中に眠たくなるのはもちろん、脳が働いてくれません。

デスクワークが多い人にとって脳がうまく働かないのはかなりまずいことです。

ミスだけでなく、記憶力や思考力の低下、ストレスを受けやすくなってしまうなど、体の様々な面でのデメリットが大きいです。

睡眠不足を当たり前にしてはいけない

寝不足というのは日常的によく聞く言葉ですが、かなり体に悪いことをしているということですので、当たり前になってはいけません。

今は仕事のミスだけで済んでいるかもしれませんが、その内、体に不調が生じる場合がありますので、規則正しい生活を意識して寝不足を解消する必要があります。

仕事と睡眠の関係についてはこちらにも書いていますので参考にどうぞ(睡眠を意識して生産性をあげよう

朝食を食べていないのではないか?

朝食を食べずに出勤している話は割とよく聞きますが、これは得策ではありません。

特に朝、体がだるい、集中できない、やる気がでないなど体に不調がある場合は栄養補給ができていないと言えます。

もし、あなたが朝方は調子が乗らないのであれば、朝食を摂るよう習慣づけるだけでも朝の調子は変わるでしょう。

バランスのとれた朝食がカギ

ただし、何でもかんでも食べれば良いというだけではありません。

例えば、脂っこいもの接種や食べ過ぎによる胃もたれによって調子が悪くなり、仕事に集中できなくなってしまうと意味がありません。

そのため、適量で栄養の摂れる朝食が望ましいと言えます。

まとめ:規則正しい生活をする努力を

“ストレスを溜めない、体に良くない物は摂取しない、十分な睡眠、バランスのとれた食事”と、仕事でミスをしないためには規則正しい生活が必要です。

しかし、あなたも分かっている通り、なかなかできないのが現状でしょう。ただし、すべてを完璧にできないにしても“努力をする”ことが大切です。

少しでも改善することで、仕事のミスを減らせるだけでなく、あなたの健康にも影響してきます。

万全とはいかなくても、より良い状態で毎日を過ごすためにちょっとした努力を積み重ねていきましょう。

コメントを残す