職場で浮いていることで悩んでいる人へ~結果が示す2つの意味~

roman

何だか会社に馴染めてない気がする。仕事のこともあるし気にしないようにしていたけど、どちょっと居心地が悪い…。どうしたらいいんだろ?

こんな悩みにお応えします。

まず、認識しておいてほしいのは、どのコミュニティでも「浮いている人」というのいるものです。

他人であればそれほど気にすることはないと思うのですが、自分が浮いている立場である場合はどうも居心地が悪くなってしまいますよね。

でも、自分が浮いている存在だったとしても悲観する必要はありません。

そこで今回は「自分が浮いている原因」「浮いていても問題ない理由」を書いていきます。

【この記事で得られること】
・浮いている理由を模索できる。

・浮いていても問題ないと思える。

・浮いているからこそ得られるものがあることに気付ける。

浮いている人の特徴一覧

「浮いている人」というのはザックリというと、他の人とは違う部分が多いことを示しています。

そういった観点から見て、どういった部分が「浮いている人」原因となっているのかを挙げると以下の様になります。

【浮いている人の特徴】
・1人で行動していることが多い
・発言することが少ない
・その場にいることが少ない
・愚痴が多い人
・的を外した言動が多い
・自慢話が多い
・周りと違った服装(奇抜な服装)
・気分の起伏が激しい
・オラオラな発言(攻撃的な発言が多い)
・無表情
・世間の動きに興味が無い(ニュースやテレビを見ない)
・周りは忙しそうだけど定時で帰宅
・飲み会に参加しない

ざっと挙げてこんなところだと思います。

先ほども書いた通り、浮いている人の特徴は人と違うことにあります。

一覧を見てもらうと分かる通り、挙げた内容はある種類に分類することができます。

これの分類の違いによって、良い意味で浮いている人、悪い意味で浮いている人に分かれます。

悪い意味で浮いている人

FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

先ほど上げた一覧から特に悪い意味で浮いている人は「愚痴が多い人」と「攻撃的な発言が多い人」です

・愚痴が多い人
誰しもストレスを抱えるので愚痴の一つや二つを漏らすこともあるでしょう。

しかし、一緒にいる人が口を開く度に愚痴をこぼす人でだった場合はどうですか?

話を聞いている側も気持ちが滅入ってしまい、うんざりします。

もし、愚痴について思い当たるふしがあるのなら、1日で自分がどんなことを周りに対して話しているかに注目してみてはいかがでしょうか?

結果、口を開くたびに愚痴を言っているのであれば、周りの人はあなたの発言にうんざりしている可能性がありますので、全てとは言いませんがこれからは愚痴の回数を減らしていきましょう。

・攻撃的な発言が多い人

愚痴に似た部分があると思うのですが、相手を非難する言動が多い人に当たります。

要は人を気づ付ける言葉が多い人です。

しっかりとした理由(叱るなど相手を思って言ったこと)であれば良いと思いますが、感情的に相手を罵ったり、評価を下げるような発言をする人は周りから避けられるようになります。

また、言葉のきつかったり、相手が喋り終わらない内にかぶせ気味に話していたりすることが多い人は、相手に怖い印象を持たれるので、周りから浮きやすい存在になります。

これらの場合は周りに対してマイナスの影響を与えてしまっていることになりますので、浮くにしてもたちが悪い部類に入りますので要注意です。

浮いていることが悪いことではない理由

先ほど、周りにマイナスの影響を与えてしまう浮いてしまう人を解説した訳ですが、周りに対してマイナスの影響がなければ返って自分にとってプラスに働くことになります。

先ほどの一覧から例えを出すなら「飲み会に参加しない」「定時帰宅」などは、周りにもそんなに影響はなく、自分にとってプラスに働いてくれることです。

そのプラスとは「お金と時間の確保」ができることです。

・飲み会に参加しない

単純にお金と時間の節約になります。

気が乗らないコミュニケーションの場でもあるのは確かなので、最初は参加しておいて、それ以降は参加をしないというように決めておくのも良いと思います。

・定時で帰る

日常的な部分なので、自分の時間を確保するためには日頃から意識する必要がありますが、メリットはかなりあります。

(「定時で帰る」ことに不安を持っているのであればこちらをお読みください。「他人の仕事を手伝うことはやってはいけない話」)

コメントを残す

ツールバーへスキップ