頑張るために必要なこと~何も頑張れなくなる前に考えること~

roman

仕事が忙しくて頑張らなきゃいけないのに何だか力が出ない。何もかもが面倒だしすべてを投げ捨ててしまいたい気分だ。でも、何も無いときであったり、休みの日に何かに頑張ろうとも思えないし、、、何かいい方法はないのかな?

こんなお悩みに応えます。

「頑張る」という言葉は相手を励ましたり、自分自身を鼓舞する時など、ポジティブな意味で頻繁に使われる言葉です。

実はこの言葉、もろ刃の剣でもあります。

この「頑張る」という言葉が持つ力を紐解き、自分にとって丁度良い「頑張る」を見極めるためのヒントとしていただければと思います。

何も頑張れない状態になる原因

何も頑張れなくなる原因としては以下の2つの理由が挙げられます。

・頑張れる対象(目標)がない
・やりきってしまった(燃え尽き症候群)

この2つ状況の例を以下にまとめます。

頑張るには明確な目標が必要

結論「人は目的が存在して初めて行動します。」

しかし、現実には「目的が無く頑張れない」という人がいます。

「仕事」を例えに挙げます。

個人的には仕事はお金を得る手段として捉えています。

もちろん、仕事をしていると自分が成長できていると感じられる場面はいくつかあり、お金以外にも得られるものはあると思います。

しかし、お金だけを理由に仕事を頑張れなくなることは実際にあります。

それは忙しくて切羽詰っている時や、失敗をして気持ちが落ち込んでいる時など。

この様に自分にとって辛いことが重なると、お金を得るために入った会社であったとしても辞めたくなる気持ちになることはあります。

つまり、いくらお金目的で働いていたとしても、それを全ての理由として仕事を頑張り続けることは難しく、自分自身いつの間にかお金以外のことも求めてしまっている(頑張る理由としている)ということです。

僕の場合であればお金を目的とし働いていましたが「自身の成長」「人間関係」「勤務時間」などお金以外のことを求め、目標として「自身の成長」が加わっていました。

(ちなみに「自身の成長」が感じられない(目的が分からない)仕事は頑張れる気にはなりませんし、人間関係の悪い部分(陰口など)や勤務時間が長くなったりすると頑張ろうとする気持ちが減少します。)

僕と同じように仕事の目的がお金であった人は、いつの間にか「毎日同じ業務に飽きてしまっている(自身の成長が見込めない・感じられない=目的がない)」と感じてしまっているのかもしれません。

この様な人は、業務の中にミッションを設けると良いかもしれません。

例えば「今日は定時で帰宅する。」「この業務は今日までに終わらせる」など何でも良いです。(これは僕がよく使っている方法です。)

やりきってしまった時(燃え尽きてしまった時)

これは燃え尽き症候群というもので、何かをやりきってしまった(達成した)後、その後ほかのことが手に付かない症状です。

意外にやっかいな症状で、仕事など毎日それとなく頑張らなければならないことがあると、無理してやる気を出さなければならないので、気持ちと行動にズレが生じているのでストレスを感じやすくなっていると考えられます。

これも仕事に例えると大きなプロジェクトをやり終えた後に起こりやすいのではないでしょうか。

プロジェクトにより長時間労働をしなければならず毎日頑張っていたが、いざ終わってしまうと緊張の糸が切れてしまい、何をやればいいのか分からなくなったり、次へ進む気力が湧いてこなかったりします。

この症状に対する即効性のある対策はなく、徐々に回復を待つしかありません。

やりきったということは頑張った結果でもありますので、終わった後は次へ進む前にしばらく休養を取ることが得策ではないかと思います。

燃え尽き症候群の様な症状があることを考えると、気力というモノは形こそありませんが、体力と同じで限界はあるということです。

無理をして頑張っても、体か心のどちらかに異常が起き長くは頑張り続けられないでしょう。

だから、そういった時の自分を責めるのではなく、何かをやりきった後は「今は頑張れない時なんだ」と認識してあげて、しっかりと回復するように休んだり、リフレッシュすることを優先してあげましょう。

日常の状況を踏まえて頑張り続けるには?

現実問題、今現在を考えると頑張る目的が明確化されていなかったり、頑張った後でも頑張り続けなければならないという状態はあります。

では、どのようにして向き合えば良いのか?

このような状況にある人は「とりあえず今週末(休みの日)を利用しましょう。」と提案させてもらいたいです。

これも厳しい話で、ちょっと考えただけで解決できる人と、なかなか解決できない人に分かれます。

これは人によって状況が違うからです。

本来であれば、どうしても頑張りきれない時はしっかりと休むしか方法はありません。

その休みを「体を休める日(時)」「心を休める日(時)」と2つに分け、少しずつ回復をしていくことが望ましいです。

体を休める日は、スポーツをしたりアミューズメントパークに行って遊ぶなどをする。

心を休める日は、就寝時間を早めたり(昼寝をしたり)、ストレッチをしてみたりする。

以上のように「今日は(今は)こうする日(時)」と割り切って行動すると良いと思います。

また、気持ちに余裕ができたら「自分の気持ちを整理する日(時)」を加えると良いです。

これは、自分の将来について、これから先の行動について、など自分についてゆっくりと時間をかけて考えることです。

これらにはどうしても時間が必要です。

だから、とりあえず週末(休みの日)が来るまでは何とか頑張りましょう。

「とにかく今すぐ考えてみたい」と思う人は、有休を使ってみるのも有効だと思います。

これからの自分について考えることなので非常に重要なことであることを覚えておきましょう。

頑張れない時は時間を取ること

「頑張れない時」について書いてきました。

人間どうしても頑張らなければならない場面は人生に何度かあります。

ただ、その分だけの休みはしっかりと取る必要があります。

無限に頑張り続けられる人間はこの世には存在しません。

自分自身のことなので(体や心の病気などで)取り返しがつかないことになってしまわないように頑張ること(コントロールすること)が1番優先すべきことなのかもしれません。

コメントを残す

ツールバーへスキップ