何にも頑張れない時に考えて欲しいこと

roman

う~、頑張らなきゃいけないのに何だか頑張れない…。は~どうしたらいいんだろ~…

ゆるふわ!romanです。

アナタはいつも「頑張らなきゃ」「やらなきゃ」という感情に追い込まれていませんか?

頑張れることは非常に素晴らしいことなのですが、あまり気負い過ぎると逆にストレスに感じてしまいます。

もし、アナタが「頑張らなきゃ」「やらなきゃ」にストレスを感じているのなら、僕に少し時間をください。

「頑張る」とはそもそも何であるのか?を一緒に考えていけたらと思います。

【この記事を読むメリット】

・頑張る方法を知れる

・頑張り続ける方法を知れる

【目次】

    • 頑張るためには理由が必要だったりする
    • 頑張る理由が決まっていても…
    • 頑張り続けるためには?
    • 休みは必ず必要

頑張るためには理由が必要だったりする

新年の番組インタビューで「目標にしていることは?」という問いに対して、「〇〇キロ目指して、ダイエット頑張ってます!」や「貯金〇〇円にする為に節約頑張ってます!」というように「~頑張ります!(頑張ってます!)」という答えている人を良く見ます。

では、アナタに問いをした場合はどうでしょうか?
先ほど例にあげたインタビューの様に「●●頑張ります。」と答えるのではないでしょうか?

つまり、この「頑張る」は「●●」の部分(理由)があって初めて成り立つものです。
なので、頑張るには「●●」が「何」であるかを明確にする必要があります。

ただ、今のアナタの場合はどうでしょう?
漠然とした頑張る」に感情を支配されているのではないでしょうか?

つまり「頑張らなきゃいけないけど、頑張れない人」というのは、「何」が明確になっていないのだと思います。

車は燃料がないと動きません。
これと同じで、僕もアナタも頑張るための燃料(何)がないと頑張れないのです。

頑張る理由が決まっていても…

頑張る理由が決まっても、頑張れない時が必ずあります。

そもそも頑張ることは、そんなに簡単なことなのでしょうか?

「言うは易し行うは難し」と言う言葉があるように、「頑張る」と口で言うのは簡単です。
しかし、その理由のために頑張るのは難しいのです。

だから、頑張ることは決して簡単なことではないのです。
(そもそも、「簡単ではないから頑張る必要がある」とも言えます。)

難しい事には出るだけ触れたくないものです。
考えるだけでストレスを感じてしまうことだってあります。

色々な理由が重なって、どうしても頑張れないときも必ずあると思います。

こういった時にやってはいけないことが1つありまして、それは「自分を責めること」です。

「こういう時こそ、自分にムチを打って頑張る時では?」と思う人が多いと思います。
確かにそれで力を発揮できるなら問題はありません。

ただ、そのやり方をいつまで続けられるでしょうか?
心も体と同じで限界があります。

その時は平気でも、そのうち疲れ果ててしまいます。

だから、そんな状態になってしまったときは、頑張れない自分を責めるのではなく「今は頑張れない時なんだ」と割り切って、体と心を休めること第一に考えることが一番の策です。(考えてあげてください。そして、自分の体を休めさせてあげてください。)

頑張り続けるには?

現実問題、生活していくには頑張り続ける必要があります。

しかし、頑張り続けるのは大変なことです。
だから適度に休息を取る必要があります。

ただ休息の取り方をよく考えなければなりません。
モチベーションを高めるため、体(心)を休めるため。

「休息を取る」と言っても何のための休息かを考えると、休む意識が高まると思います。

roman

オン・オフの切り替えが頑張り続けるためのコツだよ!

休みは必ず必要

今回は「何も頑張れない時は、しっかり休みましょう」ということを書いてきました。

アナタも私も同じ生き物で、体力には限界があります。
だから、疲れた時は無理に頑張らずに自分を休ませてあげましょう。

「体が資本」という言葉があるように、体を大切にしなければ頑張ることもできません。

そんなことにならないよう、自分自身で体と心のケアは意識しておきましょう。

roman

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

ツールバーへスキップ