20代から30代の働く人の悩みを解決するためのブログと時々エッセイ

「仕事を辞めたい」は「甘え」ではないという事実

roman

仕事が辛すぎて辞めたいと思うけど、忍耐力が足りないだけで、辞めるのはただの甘えになっちゃうのかな?

仕事で心身ともに疲弊しているけど辞められないというのは、「仕事を辞めるのは甘えだ」という風潮があるからでしょう。日本らしい風潮ですが、心身ともに疲弊しきっているのに仕事を辞められないのは良いとは言えません。

また、本来仕事はそういった曖昧な部分で続ける続けないの判断はするべきではなく、生活や自己実現などのために行うことです。

このページでは、仕事を辞める=甘えという考え解消し、どういった判断をすれば良いかをまとめています。

「仕事を辞めたい」を「甘え」と思われる理由

「仕事を辞めること」=「甘え」という言葉を聞きますが果たしてそうなのでしょうか?

「仕事を辞める」と決断した人は、たくさん悩んだ末に辞める決断をしています。

では、なぜ「仕事を辞める」=「甘え」となってしまうのでしょうか。

実は、これが当てはまる人と、そうでない人に分かれます。その境目は日頃の仕事への姿勢や態度などによります。

以下に2つ例を挙げます。

注意されたら辞める素振りをする

どんなに仕事ができる人でもミスはあります。そのため、叱られたり注意を受けることなどは仕事においては当たり前。しかし、たった1回の注意で辞めるような雰囲気を出したりする人は「甘えているやつ」思われても仕方がないのかもしれません。

かまってちゃん(辞める辞め詐欺)

仕事で辛い場面にあたり「辞めてしまおうかな?」と思うことは誰でもあるもの。しかし、ちょっと嫌なことがある度に口にしている人はいずれ相手にされなくなるでしょう。

実際に辞めたところで「あいつは甘えていたからな~」と思われても仕方がないのかもしれません。

誰もが当てはまる訳ではない

甘えていたやつ認定は、その人の日頃の行いで変わることについて書いてきました。

つまり、「仕事を辞めること」=「甘え」というのは誰もが当てはまるというわけではありません。

「甘え」と言われたくないから辞めないはNG

その仕事を続けるか否かは「続けたい」「続けられるか?」「続けなければならない」などの理由で考えるべきでしょう。

あなたが仕事をどのように捉えているかによりますが、仕事する理由の割合は生活費のためだと思います。

仕事を辞める決断をするときは、周りに「甘えていると思われる」という理由で判断してはいけません。つまり、辞める決断をするときは“今ある自分の生活費を犠牲する”というのを基準として考えると良いでしょう。

仕事を辞める理由

もし仕事を辞める理由を考えるのであれば、以下の様な理由が適しているのではないでしょうか。

・環境によるもの(体力的、精神的、職場環境的)
今の自分が働いている環境が著しく合っていない場合は辞めることを視野に入れても良いでしょう。例えば、体力的・精神的にかなりきつかったりと、体調面に影響が出る場合です。

これは、“今後も働き続けられるか”という視点での考え方です。無理をして働けない体になるのが一番ダメなことです。

もし、働けなくなってしまえば生活費を稼ぐことができません。この生活費を稼ぐためには体が資本となっていることを覚えておきましょう。

転職を考えるのであればこちらの記事も参考にどうぞ(自分に合った転職サイトを見つけ、最適な職場見つけ出そう

・自分の将来を考えた時
「今の仕事では自分の目標を達成できない」と感じるのであれば、今の仕事を辞めても良いかもしれません。ただし、今の生活費を犠牲にしてまですることなのかをよく考える必要があります。

「仕事を続けながらできないか?」などを考えて、実際に仕事を続けながら試しに行ってから検討をしていくのがベストではないでしょうか。

仕事を続けながらチャレンジしたい方はこちらの記事を参考にどうぞ(将来のための副業~まずは自己働き方改革から始めよう~

まとめ:当事者は自分であること

実際に仕事をしているのは自分であって、他人ではありません。

つまり、仕事を続ける・辞めるの判断は他人の意見ではなく、当事者である自分ですることに意味があります。

周りの意見を聞くことは時として、プラスに働きますが実際に経験したことがある人の意見以外は、主観で言っていることが多いため、意見を参考にするのであれば、実際に経験している人の話を聞くのが一番参考になるでしょう。

周りのどうでも良い意見に振り回されることなく、自分の将来を決めていきましょう。

コメントを残す