職場(会社員)の悩みを解決するためのブログ

職場での人間関係は距離感が大切。人との距離を測りストレスを減らす考え方

疲れたサラリーマン

職場の人の雑談が多くて、しかもそれが悪口だったり、愚痴ばかり。話に交わりたくないけど、話に入らないと他の人から、どんなふうに思われるか怖くて…。嫌な気分になるし、仕事の進捗は遅れて残業になっちゃうし、どうしたらいいんだろうか…

roman

なるほど…。結論から言うと、それは無視しちゃって大丈夫だと思うよ。

タロウ君

えっ!でも、他の人は聞いているのに自分だけ話に入らないのは、まずくない?

roman

うーん、状況によっては何か思われるかもしれないけど、それは心配し過ぎと思うよ。むしろ、プラスの面が大きいと思うよ。

タロウ君

そうなのかなぁ。それでもやっぱり心配だな…

roman

そうだね。じゃあ、今回はそのことについて話すね!

普段は他人とどのくらいの距離で接しているかを考える

例えば、自分にとってマイナスの影響を与える人との関係が仕事でなければ、今の自分はどうしているでしょうか?

恐らく自分にとって丁度良い範囲で距離を置いていると思います。

これと同様に仕事上の付き合いでも、その距離の取り方を適用することが今回の悩みを解決する、一番やりやすい方法だと思います。

聞いてあげること自体は悪いことではないが・・・

誤解をしないで欲しいのが、毎回まったく話を聞かないという訳ではありません。

場合によっては、その選択肢を取る方が自分にとって良いこともあります。

人によるので基準はバラバラですが、あえて基準を設けるなら、今の自分にその余裕があるかどうかだと思います。

例えば、急ぎで取り掛かる必要があることがある場合は、時間に余裕がないと思いますし、自分も嫌な思いをしたばかりであれば、心も余裕がない状態だと思います。

そんな状態では、雑談や愚痴に耳を傾けている場合ではないと思います。

また、聞く相手が自分だけならまだしも、他に聞いている人が居るなら、わざわざ自分がそこに交わる必要がありません。

人間関係を整理し、ストレスを減らす

oldtakasuさんによる写真ACからの写真

自分の人間関係を整理することで、人的ストレスを減らすことが出来ます。

雑談や誰かの愚痴が始まっても、参加しない回数を徐々に増やしていくことが一番の練習となります。

最初は参加しないことが怖いと思いますが、自分がやるべきこと、心の状態を自分の中で整理しておくと、自分のことに集中しやすくなり、恐怖心は和らぐと思います。

このようにストレスを感じている人との距離を測りつつ、自分の中で徐々に整理をしていくと、周りに振り回されることが少なくなり、自分のことに集中できる時間が増やせるので、ストレスも今までよりは減ると思います。

仲間外れになる恐怖を払しょくする

「雑談等に交わらないと、仲間外れにされるのでは?」と思ってしまうこともあると思います。

確かにこの可能性は否めません。

しかし、その心配は杞憂に終わると思います。

なぜなら、そうなった時には自分の中では整理がついており、その人間関係をあまり重要視しなくなっているからです。

少し寂しい様に聞こえるかもしれませんが、必要な時以外は関りを持たない関係になっているということです。

また、この心配事は自分の中にあるもので、相手からすれば「忙しいんだな」「集中しているんだな」位にしか思わないかもしれません。

お手伝いは最後まで出来そうな余裕がある時だけに

助け合いは素晴らしいですが、助けることが出来るのは自分に余裕がある時でなければ難しいと思います。

中途半端に仕事を手伝うと反って迷惑になることもあります。

状況にもよりますが、手伝いは最後まで出来るかを判断してから手伝うようにすることをお勧めします。

まとめ:依存せず適切な距離感をもって接すこと

RRiceさんによる写真ACからの写真

仕事で人間関係を良くしておくことは、仕事を円滑に進めるために必要なことではあります。

しかし、マイナスの面が大きいようであれば、良い人間関係とは言えません。

悪い人間関係は仕事を遅延させることにもなりますし、自分自身のストレスも増えてしまいます。

そうならないために人との距離感を適切に保つ必要がありますが、一長一短にはいきません。

自分の中で徐々に整理して、適切な距離感をもちつつ接することが、仕事を進めることに繋がりますし、余計なストレスを抱える必要がなくなると思います。

コメントを残す