職場(会社員)の悩みを解決するためのブログ

仕事が上手くいかない人は「情報」を取りに行く努力が必要

疲れたサラリーマン

周りの人と比べて仕事が上手くいかない…。ビジネス書とかも読んだりするけど、なかなか上手くできない。もう毎日怒られて、もうメンタルが持たないよ。僕でも仕事が上手くなる方法がないかな?

そうだね。仕事を上手くする方法について書かれた本やサイトは沢山あるけど、たぶんそれだけじゃ上手くはならないと思うよ。もちろん、そういったビジネス書で学ぶ姿勢は大切だけど、同じように大切な「情報を集める姿勢」が抜けているんじゃないかな?

疲れたサラリーマン

「情報を集める姿勢」?それって、本やサイトでビジネスについて学ぶことじゃないの?

roman

それも当てはまるけど、僕が言っているのは「現場の情報」のことだよ。これから説明するから読み進めていってね!

ビジネス書などに書いてあることを実践しても上手くいかない理由

本やサイトで書かれている内容は、著者本人の体験に基づいたものであったり、ビジネスマナーについてだったりします。

ベストセラー本だったり、人気ブログだったりすると、自分の中で「これで自分は変われるかも!」と期待が高まると思います。

しかし、いざ実践してみると思ったより上手くいかないことが多かったのではないでしょうか?

上手くいかなかった理由は至ってシンプルで、“自分が置かれている状況とは違う”という点です。

もちろん、本やサイトに書いていることをそのまま実践して上手くいくこともあるでしょう。

ただそれは、書かれている内容の一部が、たまたま自分の置かれている状況に合致しただけであって、そこに書かれていること全てが正解という訳ではありません。

自分が手にしている本や、読んでいるサイトがあれば、そこに書かれている状況を自分に置き換えた時どうなるか?を考える必要があります。

自分の置かれている状況を把握する

本などに書かれていることを自分の状況をイメージできる人は、それで良いと思います。

そのまま鵜吞みにするのではなく、ワンクッション置いてから実践するのが大切です。

もし、イメージが出来ない人は、より複雑な環境下で仕事をしているのだろうと思います。

その場合は、状況整理が必須となります。

例えば、「1人でする仕事が多いのか、複数人での仕事が多いのか?」や「内部の人とやり取りすることが多いのか、外部の人とやり取りすることが多いのか?」などです。

この整理は、“自分がどんな仕事をしているのか?”を見直すのにもオススメの方法です。

箇条書きでも良いので実践してみる価値はあると思います。

仕事に必要な情報を集められているか?

fujiwaraさんによる写真ACからの写真

仕事を上手く進める上で情報はかなり大切です。

その情報の有る無しで仕事を上手く進められるか否かが決定付けられると思います。

つまり、情報が集まりやすい人、または、集めるのが上手い人は、仕事が出来る人と言っても過言ではありません。

重要な情報がいち早く集まってくる立場であればあるほど、上手く立ち回れるし、沢山の策を講じることが出来ます。

つまり、今までしてきたミスも回避することが出来たでしょうし、辛い思いをする必要もなかったことでしょう。

仕事を進める上でどのように情報を集められるかが大切な肝になってきます。

しかし、その情報がなかったせいで今の様な状況になっているのが今現在の状況です。

この状況を打開しなければ、今のままです。

情報を手に入れられるようになるには?

現状を考えると残念ながら“勝手に情報が集まる人ではない”と思った方が良いでしょう。

そのため、自分から情報を取りに行く努力が必要になってきます。

現場の情報は本やサイトには載っていません。

そのため、社内の人や関係者とのコミュニケーションが必要だったり、社内にある資料や、その他関連資料を読み漁る必要があります。

ただボーっと情報が回ってくるのを待つのではなく、自ら取りに行く必要があります。

人と話すことが苦手な人にとってはコミュニケーションはストレスが大きいと思いますが、資料などで手に入らない情報は、人伝えで手に入ることが多いです。

状況や立場によっては煙たがられることもありますが、それを回避するために資料の読み漁りなので、バランスの取れた立ち回りを意識しておく必要があります。

自分から情報を発信する側になる

情報を集めると言っても人に聞いてばかりでは煙たがられて、逆に情報が入って来難くなるので、自分から発信していくことも大切です。

発信する側になると「既に知っているかもしれないし…」という恐怖心が湧いてくると思いますが、そういた場合でも臆せず「そういえば、○○って○○なんだね」とさり気ない感じで自分から言っていく様にしましょう。

そうすれば、相手が知っていた場合でも知らない場合でも、何となく会話の糸口が開けるのではないでしょうか。

逆に知らなかった情報を与えてくれた相手には感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。

そうすることで、相手も伝えやすくなるでしょうし、自然と自分に情報が回ってきやすい状況になっていくと思います。

まとめ:仕事が上手くなりたければ現場の情報を集めること

RRiceさんによる写真ACからの写真

仕事を上手く進めるためには情報を上手く駆使する必要があります。

しかし、元の情報がなければ上手くいくことも上手くいきません。

もし、自分が情報不足な状態であるのならば、“自分から情報を取りにいく”、“自ら情報を発信する”ことを実践してみてください。

たぶん今までより上手くことを進めれるようになりますし、余裕を持ちつつ行動を起こせるようになると思います。

コメントを残す