職場(会社員)の悩みを解決するためのブログ

職場での陰口や愚痴からの回避方法

疲れたサラリーマン

職場の陰口(愚痴)で気が滅入っちゃう…。僕がいない時は僕の陰口を言っているのかな?なんて考えちゃったりして。何か陰口とかを聞かなくてもいい方法ないかな

roman

なるほど、確かに職場に他人の陰口や愚痴ばかり言っている人はいたりするね…だけど、あることを実践すれば回避することが出来ると思うよ

疲れたサラリーマン

えっ、そうなの?それ是非教えて欲しい。もうヘトヘトなんだ…

roman

もちろん!今回は他人の陰口や愚痴で消耗しないための方法を教えるね

陰口や愚痴を聞くことで起きる自分へ影響

陰口や愚痴を聞かされる方は“体力や時間を奪われる側”となっているので、気をつける必要があります。

【陰口や愚痴による自分への被害】

 

・疲弊する

聞かされている陰口(愚痴)が自分のことでないにしても、疲れてしまいます。
「話を聞いているだけで大げさな」と思うかもしれませんが、”聞く”というのは意外と体力を消耗します。

 

・集中力を奪われる

陰口(愚痴)を面と向って話されていなくても、同じ場所に居れば話は耳に入ってきます。そのため、気が散ってしまい集中できなくなってしまいます。

 

・作業時間を奪われている

仕事中に陰口(愚痴)は話が長くなりがち。そのため、聞く耳を持ってしまうと、その分だけ仕事の作業時間を奪われてしまいます。そのせいで、残業になってしまい、帰りが無くなってしまうのは非常にもったいないことです。

陰口・愚痴を言う人の心理状態

陰口や愚痴を言う人は以下のような心理状態と考えられます。

【陰口や愚痴を言う人の心理状態】

 

・本人に直接言えない(自分に自信がない)

「言いたいけど、言えない」そんな不満が陰口や愚痴として表れている可能性があります。

・相手への劣等感や不満の表れ

相手への劣等感や不満が陰口や愚痴として表れており、その人のマイナスな部分を周りと共感することで、劣等感や不満を解消しようとしている可能性があります。

 

・職場で地位が低い人・中間ぐらいの人

今の立場に不満はあるけど、自身の力では解決しようがないので、陰口や愚痴で不満を解消しようとしている可能性があります。

 

・不幸な自分の気持ちを聞いてほしい(同調してほしい)

「とにかく自分は不幸なんだ!」という感情を知ってほしく、さらに自分の言い分に同意を得たいという気持ちが陰口や愚痴に表れている可能性があります。

場合によっては同情することもあるかもしれませんが、自分の健康や心理状態などを考えてから、聞くか聞かないかを判断した方が良いと思います。

また、聞く際の注意点として、それに共感してあなたまで陰口(愚痴)を言い始めたら、ただただ空気の悪い職場になってしまいますので、同じようなことをするのはやめておきましょう。

陰口や愚痴から回避する方法

陰口や愚痴を言う人にも事情があると思いますが、その人のためだけに生きている訳ではありませんよね。

しかし、仕事上の付き合いとなると、どうしても接する機会があると思います。

だから、巻き込まれないように上手く回避する必要があります。

例えば、手軽な回避方法として以下のような方法があります。

・仕事の話とき以外は話さない

 

・作業場が一緒であれば巻き込まれないように耳栓(イヤホン)を付ける

 

・しばらく別の場所で作業をする

ちょっと酷に思えますが、自分に余裕がなければある程度の回避方法は知っておいた方が良いと思います。

陰口の対象となる怖れを払拭するには

「話を聞かなければ、次は私が陰口を言われているかも…」と怖れる人もいると思います。

確かにその可能性はゼロではありません。

しかし、仲間になってしまえば、その人たちと同じになってしまいます。

自分への陰口が酷くなったり、イジメへ発展するようであれば、上司または労働組合へ相談しましょう。

どうしても解決されない場合は転職を考えても良いと思います。

転職についてはこちらにまとめているので参考にどうぞ(自分に合った転職サイトを見つけ、最適な職場見つけ出そう

相談窓口を紹介するのも1つの手

相手の状況が深刻でだったり、「これ以上、相談に乗って上げられない」と思ったのであれば“こころの耳電話相談”を紹介するのも良い方法かと思います。

“こころの耳電話相談”は、厚生労働省が運営していますので信頼して相談できると思います。

“メンタルヘルスの不調”や“過重労働による健康障害”などについて相談に乗ってくれるので、もし相手が仕事で大きなストレスを抱えていたりするのであれば、1度相談することを勧めてみるのも良いかと思います。

もちろん、自身が仕事について悩んでいるのであれば利用するのも良いでしょう。

人間関係に疲れてしまっている人へおすすめの本

最後に今回の様に人間関係で疲れてしまっている人へ、お勧めの本を紹介します。

3 Comments

コメントを残す