職場(会社員)の悩みを解決するためのブログ

「仕事をすぐに辞めたい!」と思った時に整理しておきたいこと

疲れたサラリーマン

毎日が仕事は終わる時間は遅いし、職場環境もお世辞にも言えない…。だから、今すぐにでも辞めたいんだけど、生活のことも心配だし、転職しても今と同じになるんじゃないか心配…。この苦しみから何とか抜け出したいから何かいい方法はないだろうか…

なるほど…。「今すぐにでも」って言っているほどだから、かなり辛い職場環境なんだね。生活ことや、転職先のことについても心配みたいだね。でも、準備さえ整っているのなら、辞めても良いと思うよ!だけど、準備が出来ていないのであれば準備をしてから辞めようね。じゃ、今回はその準備について教えるね。

仕事をすぐ辞めたい時に考えること

今すぐ仕事を辞めたいと思っていても、その場の勢いで辞めるのはダメージが大きい可能性があるので、とりえず一旦落ち着きましょう。

まずは辞めるに当たって必要なことを確認することが大切です。

例えば、収入はもちろんのこと、住む場所、転職活動、辞めるタイミングなど、色々なことを考えなければなりません。

見通しが立てにくいこともありますが、完璧とはいかなくても、ある程度の予測は付けられるようにしておくと余裕をもって行動できます。

辞めた後すぐの生活資金はどうするか?

在職中に転職中に次の職が決まれば良いのですが、そうでない場合は収入が0になってしまいます。

そういった場合を考えて、計画的に貯金をしておきましょう。

家賃や食費など一切の収入がなくても、3ヵ月程度は過ごせることを見越した金額を貯金出来れば良いと思います。

これは、収入がないことへの焦りから、適当に転職先を決めてしまわないためであったり、今と同じような良くない環境へ転職をしないための対策です。

学生の頃ほど時間はないと思いますが、今までの社会人経験を活かして、しっかりと企業分析などを行うなど、じっくりと転職先を決めることが大切です。

住む場所はどうするか?  

転職先が今の家と近いとは限りません。

転職先に合わせて居を構えると思いますが、もし、引っ越しが必要となった場合はその資金も必要になってきます。

もし、引っ越しの資金を捻出できないのであれば、現在の自宅からの範囲で職探しをする必要が出てくるかもしれませんので、考えるべきポイントです。

保険や国民年金について

社会保険または国民健康保険、国民年金について考えておいた方が良いでしょう。

貯金の目標額などに関わるところなので把握しておかないと、資金に余裕がなくなってしまいます。

ここでは保険料や納付期限などについての説明は省きますが、これらの保険料はこれまで会社が自動的に払っていてくれていました。

しかし、退職後は自分で支払う必要がありますので、とても重要な点です。

仕事を辞めるタイミング 

退職の意志を会社に伝えても、すぐに辞めることが出来るかは会社の状況によって違います。

繁忙期、もしくは繁忙期に差し掛かる時などは、すぐに辞めるのは難しいと思います。また、繁忙期でなくても引き継ぎが必要な時は、すぐに辞めるのは難しいでしょう。

在職中に転職先への入職時期を決める場合は、この部分が非常に難しいところです。

退職の意志を伝える際の注意点はこちらにまとめているので、参考にどうぞ
→「退職の意思と同時に伝えること~次の準備のために~

どうにかなりそうであれば仕事を辞めない方が良い

仕事を辞めたいと思う理由は人によって違うと思いますが、どうにかなりそうであれば辞めるのは思いとどまり、様子を見る方が良いです。

それで「やっぱり辞めよう」または、「辞めない方がメリットは大きいな」というような判断を下すことが出来ます。

例えば、以下のような考え方で退職を考えているのであれば、改善の余地、または、考え方を変えるだけで時間、労力、お金を失わずに済むかもしれません。

・仕事に飽きてきたから辞めたい
・思っていた仕事内容と違うから辞めたい

仕事に飽きてきたから辞めたい

何日も同じ作業をしていれば、繰り返しの日々につまらないと感じるかもしれませんね。

そこは、「仕事とだから」「お金のためだから」と割り切ってみてはどうでしょうか。

もちろん、毎日が残業でヘトヘトになっていたり、ハラスメントが酷いなどの場合を除き、収入を得るための仕事(作業)と割り切って働くと意外と続けることは出来るかもしれません。

または、有給休暇を取ってリフレッシュするのも良い方法ですし、その時間を使って将来についてじっくり考えても良いと思います。

思っていた仕事内容と違うから辞めたい

自分が思い描いていた仕事をこなすには下積みが必要な場合もあります。

そのため、入社当初は雑用の仕事が多い場合もありますし、それによって「このまま仕事を続けて、思い描いていたような仕事が出来るのか?」というようなことを考えてしまうこともあると思います。

その時は先輩の仕事を見てみましょう。

先輩もその職場で同じような経験し、今の仕事をしている可能性があります。

つまり、先輩の仕事を観察することで、将来的に自分が任されるであろう仕事が見えてくると思います。

仕事を続けるか、辞めるかは自分のメリットで判断すること

先ほど紹介したように、何とかなりそうな状況であるならば辞めない方が良いと思います。

ただ、転職した方がメリットが大きいのであれば、少しずつ転職への準備を進めていきましょう。

退職後の資金、退職と転職先への入職のタイミングと準備がありますが、しっかりと計画立てて行えば心配はありません。

「仕事を辞めるまで思ったより時間がかかるな…」と感じたと思いますが、今から少しでも始めることが最短で今の仕事を辞めて、次へ移ることに繋がります。

日々、自分がどうするかを考えて、自分にとってメリットある仕事を目指しましょう。

コメントを残す