ビジネス ライフハック-働き手の悩みを解決するブログ-

在職中に転職活動するか迷った時~転職までに行ったこと反省など

roman

在職中に転職活動ってどんな感じなんだろうか。平日は仕事だから面接の日程とかも組みにくいかもしれないし。やっぱり、ちゃんと退職してからの方が転職活動したほうが良いのかな?

在職中の転職活動は、通常の仕事もしつつ行わなければならないので非常に難しいように感じられますよね。

また、例え内定をもらったとしても在籍中だと転職先に入社するタイミングを合わせるのも難しいところです。

このページでは、在籍中に転職活動をしたい人が気を付けておきたいことをお伝えします。

実際に転職活動に乗り出すタイミング

仕事をしながらだと転職するタイミングは実に難しいです。

例え内定をもらったとしても退職するまでのタイミングも見計らわなければなりません。

では、在職中に転職するタイミングはどのあたりが良いでしょうか。

繁忙期を乗り越えた後

「繁忙期前」「繁忙期中」は転職活動に向いていません。

例えば、内定をもらった後すぐに辞めようと思っていても、会社から引き留められる可能性があったりと、すんなりと辞められない可能性があります。

そのため、繁忙期が終わった後に辞めることを視野にいれて動きましょう。

ボーナスをもらってから

ボーナスをもらった後は気が引けるとお思いますが、辞めるのであればボーナスをもらった後にしましょう。

すぐに辞めるのは気が引けると思いますので、1,2ヵ月をみて辞めるようにすると良いと思います。

ボーナス収入は貯蓄に大きく関わってくるので貴重なことは理解できていると思います。

さらにこの時のボーナスは退職後に転職活動することとなった時に非常に助かります。

収入がない状態での転職活動は、移動費などでお金が出ていく一方なので生活を圧迫する可能性もあります。

そういったことも視野に入れ、あと少しでボーナスをもらえる状況であるのであれば、もらった後に転職活動を始めた方が良いです。

貯金ができたら(給料2,3ヶ月分の貯金)

転職するタイミングとしては、貯金が2,3ヶ月分溜まった後が良いです。

在職中は収入がある中での転職活動なので、お金の面はあまり心配する必要はありません。

しかし、退職してからの転職活動は収入がありません。

お金が出ていく一方で貯蓄に余裕がなくなると、精神的にも追い込まれてしまいます。

そんな状態が続くと、「とりあえずどこでも良いから早く職に就きたい」ということになってしまい、適当に転職先を決めることになりかねません。

冷静な判断し、しっかりとした会社を選ぶためにも金銭面の余裕はある程度あった方が良いでしょう。

転職先と面接の予定を合わせる

在職中は面接の予定を合わせにくいです。

そんな状況の中でも上手く予定を合わせ、面接を受けられるようにしましょう。

転職先に在職中の旨を伝えておく

転職活動では、転職先とメールなどで連絡を取ることが何度かあると思います。

そんな中で、自分が在職中である旨を先に伝えておきましょう。

そうすることで、そういった状況を考慮して面接の日取りを決めてくれる企業もあります。

そのために、自分がいつまでに退職するのかを明確に転職先へ伝えておくようにしましょう。

これは、転職先に「この予定であなたのところへ就職します」という意思を伝えることにもなります。

有給・週末に予定を合わせてもらう

企業の中には休みの日(土日祝日)に面接を行ってくれるところもあります。

ただ難しい場合は、有給を使って面接の日取りを決めることも考えておきましょう。

その場合、在職中の会社へ有給の申請をする必要があると思います。

申請をする時は、まばらに取るのではなく、最初から複数日に取れるように申請しておきましょう。

複数有給を取るようにしておけば、転職先との予定を組みやすくなるでしょう。

転職先には正直に「この日とこの日に有給をとる」というように予め伝えておくのも良いです。

在職中に転職活動をするメリット

きぬさらさんによる写真ACからの写真

在職中の転職活動は体力的にも、精神的にも大変です。

しかし、在職中であることから得られるメリットはあります。

収入を得つつ転職活動できる

収入を得つつ転職活動ができるのは、最大のメリットといっても良いでしょう。

転職活動にも交通費やエントリーシートなど何かと出費がかさむ部分があります。

そのため、収入がある中で転職活動ができるの大きなメリットです。

焦って転職先を決めなくても良い

収入がない中での転職活動は、貯蓄が期限となります。

「貯金も少なくなってきたら、もうここでいいや」というように選んだ企業はもしかするとブラック企業かもしれません。

もしそうであれば後悔することになりますし、また転職活動をしなければならないかもしれません。

そういったリスクを避ける意味では、在職中の転職活動は良いといえます。

転職活動を誰にも話さないこと

在職中に会社関係者に転職活動していることを話してはいけません。

会社にばれると非常に面倒なことになる可能性があります。

在職中の立場が悪くなる

転職活動自体は悪くはないのですが、やはり、会社はいい思いではないでしょう。

転職活動がばれてしまったが故に有給がとりにくくなったり、仕事量を増やされるなどの嫌がらせじみたことも起こりえます。

そうなってしまうと、貯金が溜まっていない状況であったり、転職先が決まっていない状況で、居心地の悪さから退職をせざるを得ないかもしれません。

このような状況を避けるために、絶対に同僚など会社の関係者には転職の話や、それを想像させるような話はしないようにしましょう。

まとめ:在職中の転職活動は大変だが金銭面の心配が減る

FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

働きながらの転職活動は非常に大変ですが、その分、金銭面を心配をせずにいられるのは大きなメリットです。

ただし、転職活動がばれてしまい、準備も整ってないうちに退職に追いやられてしまう可能性も十分に考えて行動する必要があります。

いずれにしても、転職活動は十分な準備をした上で行うようにしましょう。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA