職場(会社員)の悩みを解決するためのブログ

【体験談】あなたの仕事の辛さを払拭するためにやるべき3つのこと

roman

出社拒否したいくらい会社が嫌い。行けば上司にどやされ、周りからは使えない奴扱い。帰りはいつも0時前。日曜日の夕方になれば「明日会社か…」と気分が底辺まで落ち込む。もう何で生きてるのかさえ分からなくなっている…

あなたは以上のような状態ではありませんか?

出社拒否したいほど会社に行きたくなく、せっかくの日曜日なのに夕方には気分は最悪。

もし、そんな毎日を過ごしているのであれば、この記事はあなたのその辛さを軽減できるかもしれません。

なぜなら、上記は僕自身が経験したことであり、そして、その辛い日々から抜け出すために実際に行ったことだからです。

この方法を実践することであなたらしい新しい人生を踏み出せることを切に願っています。

自身の健康状態を確認する

まぽさんによる写真ACからの写真

最初のステップとして、自分の健康状態を知る必要があります。

すでに辛い日々を過ごされていることですから、何かしらの不調はきたしているハズ。

間違って欲しくないのが「体は動く=元気」ではありません。

「ちょっとダルイ」「ちょっと寝不足」というような不調を感じてはいませんか?

今は「ちょっと」で済ませられるかもしれませんが、積み重なればちょっとではなくなります。

もしそれが仕事による慢性的なものであるのならば、いつか限界はきてしまうので仕事は長くは続けられないと考えた方が良いでしょう。

会社員は長く続けてなんぼ

仕事には以下の2種類の考え方があります。

「膨大な報酬ではないけれど継続してできる仕事」
「長くは続けられないけれど短期間で膨大な報酬がもらえる仕事」

この考え方だと会社員は「膨大な報酬ではないけれど継続してできる仕事」に当てはまります。

しかし、体の不調が重なり働けなくなった場合、収入が無くなってしまいます(貯蓄がない場合はかなり辛い状況が続く可能性が…)。

つまり、会社員でいる最大のメリットは「安定した収入」ですので、体を酷使するような仕事だったり、メンタル的にダメージが多い職場はそもそも長く働く環境ではないと考えた方が良いでしょう。

現状、かなり辛い状況が続いており、心身がキツイのであれば、その会社で働き続けるのは厳しいと考えたほうが良いです。

ストレスには期限を持たせること

きなこもちさんによる写真ACからの写真

会社で何かしらの慢性的なストレスを受けているならば、そのストレスに対しての期限を設けましょう。

お勧めなのがポイントスタンプ方式。

ストレス(例えば、会社と自分が合わない部分)を受けた時に、そのポイントスタンプにハンコを押し、いっぱいになったら辞める、というような感じです。

ストレスとなるポイントは各人によって違いますが総じて、明確なものに設定しておきましょう。

ある日、不満が爆発して会社と喧嘩、なんてことは圧倒的に面倒ですし、メリットがありません。

自分自身が長く働けるかを常に視野に入れることで、ストレスが多い環境から早く脱することができます。

やってみたいことへ向かっていく

会社で辛い立場に置かれていたため、うつ状態になってしまいました(診断は受けてませんが、今思い返すと完全にうつ状態だったと思います)。

心に負荷をかけ続けてしまった結果「世の中の全ての会社がこうならば、自分は社会で生きていけないだろう…」という人生を諦める言葉が頭の中に何回も出てきて辛かったのを今でも覚えています。

しかし、反対に「どうせなら自分のやりたいことやろう」と考えられるきっかけにもなりました。

こう考えられるようになったのは、今の仕事で働き始めてからですが「あの時、かなり辛い思いをしていたならさっさと辞めてやりたいことにどんどんチャレンジしていけば良かったのに…」なんてことを今でも思ったりします。

だから、僕が伝えたいことは「今目標も何もなくめちゃくちゃ辛い思いをして働いているなら、目標が持てること(やりたいこと)を見つけてどんどんチャレンジしていった方がいいんじゃないの?」ってことです。

やりたいことを書き出してみる

「やりたいことなんて無いよ…」という人もいると思いますが、とにかくちょっとでもその気があるならば書き出してみてください。

視覚的に見えるようにすることで意外な発見にもなります。

例えば僕のやりたいことは以下のような感じです。

  • ライティング(ライター・ブロガー)
  • 動画編集
  • イラスト
  • ゲーム実況(Youtuber)
  • Webデザイン

以上のようなことをやりつつ稼いでいきたい思いがあります。

今現在の僕の経歴としては雑誌編集者やクラウドワークで記事を書いていたことはあり、ブロガーとして活動しているのでライティングはできます。また、今の仕事では動画を扱う仕事をしているので動画編集技術は持っています(ただし、最終目標はこれらを駆使して生活することですので、自分の中ではできていることになっていません)。

こんな感じでちょっとでもやりたいことを書き出してみると「あっ、意外と自分こんなのにも興味あるんだな」ってことに気づくことができます。l

まとめ:会社で健康は守れない

結論「今の会社が辛ければ辞めた方がいい」ということをお伝えしてきました。

ただ辞めた方が良いというわけではなく、今の健康状態、それを踏まえた将来の展望を考えた選択です。

一生懸命働くのは悪くはありませんが、体を崩してし働けなくなってしまうと取り返しがつきません。

今、そしてこれからの健康状態(働き続けられるかどうか)を守れるのは自分です。

会社への無償の提供はこれまでにして、これからの自分や大切な人のために時間を費やしましょう。

コメントを残す