職場で浮いちゃう人の原因の1つはこれではないか?

こんにちはromanです。

社内でなんとなく馴染めない・馴染めてない人を見かけるといます。

そして、私自身が「なんとなく馴染めない」と感じている当事者だったりします。

そんなことを考えつつ、今の職場で1年半ほど働いている訳ですが。。。

ある日の仕事の昼休みにふと、、、

roman

(自分は)働く目的が他の人と違うから、ちょっと浮いちゃうのかな~

ということが頭に浮かびました。

今回は「社内で浮く人はこういう人ではないか?」という疑問も私なりに書いて行きたいと思います。

【この記事はこんな人へ】

・「私ってもしかして浮いてる???」と思っている人

・「社内で浮いて居心地が良くないな~」と思っている人

【目次】

    • 働く目的の違い
    • 浮いてても問題ない件について
    • まとめ

【働く目的の違い】

私が働く目的は「収入」です。

前職の収入より高く、福利厚生も整っている。

そして、0時になる前には帰宅できる。。。

ただ、契約期間が決まっているので、この契約が終わった後のことも考えなければなりませんが。

他の人は「やりがい」というものをメインにして働いているような気がします。

あまり休みを余り取ろうとしませんし、中には休日は仕事に関連したセミナーに積極的に行っている人までいます。

「この仕事こそが私の生きがいです!」という様子がうかがえて、どうも私とは違う感じがします。

roman

確証があるわけではありませんが…

私とは言うと、積極的に休みを取ります(取りに行きます)し、休日は趣味を思いっきりやります。

一度だけ「休みの日は何してるの?勉強してる?」なんて言われたこともあります。

roman

因みに、聞かれた時は「普通に家で休んだり、出かけたりしてます」って言いました。

休日の予定はほぼ決まっていますし、休日なのに仕事なんてやりたくありません。

roman

もちろん、緊急時は仕方ありませんが…

そんな感じでやり続けていると、徐々に周りの扱いも変わってきます。

そして、すこーしずつ浮いた人になってきました。

スポンサーリンク

【浮いてても問題ない件について】

ここは、私自身(現に浮いてしまっている人)の考え方なのですが、一度浮いてしまったら地には付けないと考えています。

浮くというのは、その場に馴染めないことから発生するので、残念ながら戻ろうにも戻れないのです。

つまり、浮いた状態になってしまったら、それは仕方のないことなのです。

浮いた状態になったらなったで、悪いことばかりではありません。

簡単に言えば、自由に動きやすくなります。

浮いた状態になると、とにかく誰かが話し掛けてくることが少なくなります。

ちょっと寂しいことですが、とにかく作業が進みます。

そして、暇だったらさっさと帰ることが出来ます。

集団の中にいると、どうしても寂しさを感じてしまって「自分って必要ないのかも。。。」なんて思っちゃうかもしれませんが、心配いりません。

さっさと仕事なんか終わらせて、帰って趣味を堪能した方がよっぽど有意義です。

もし、定時まで仕事が無ければ自分で仕事を作って、それをこなしていけば良いのです。

roman

私はそうしていますし、仕事があればそれをさっさと終わらせるだけです~~~

職場にいる以上は孤独を感じてしまうかもしれませんが、そこから抜け出すためにも作業はさっさと終わらせてし待った方が良いと思います。

暇になりそうだったら、その作業を丁寧にやってみるのも良いと思います。

他の人はバリバリと他のことをやっているかもしれませんが、アナタが今やっていることも誰かがやらなければならない仕事なのですから、アナタが丁寧にすることで後の人が助かったりする可能性だって十分にあります。

roman

浮いたやつには浮いたやつなりにやることはあるのですよ!

【まとめ】

今回は「職場で浮いちゃう人の原因」と「浮いても問題がない」ということについて書いてきました。

最初は自分が浮いていることに対して若干ストレスを感じることもあります。

ただ今回お伝えした通り、浮いた人には浮いた人なりの役割はあるということです。

しかも、自分の時間を使えることにつながるという、美味しい部分まであったりするのです。

「自分浮いてるかも。。。」と不安で落ち込んでしまうかもしれませんが、そこは諦めて自分のやることに徹していくことをオススメします。

roman

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

ツールバーへスキップ