20代から30代の働く人の悩みを解決するためのブログと時々エッセイ

自分を苦しめているのは人への思い込みによる恐怖心

ゆるふわ!romanです。

今回、アナタが悩んでいるであろう仕事での「人間関係」について書こうと思います。

【この記事はこんな人へ】

・仕事で人間関係に悩んでいる人へ

・人と話すときについ緊張してしまう人へ

恐怖心を肥大化させていないか?

全く他人であれば気にしなくて良いはずなのに、ちょっとした関係(特に仕事関係)なると気にせざる負えない時がある。

それは「私は仕事が遅いから、周りから嫌われている」「あの人みたいに出来ないから、私は馬鹿だと思われている」というような思い込み

言われてもいないことを勝手に思い込んで勝手にその人を苦手なる

さらに自ら生み出した思い込みで、自分を傷つけてしまう

別に口にされていないのであれば、相手は別に何とも思っていないのかもしれません。

大したことではないのに、アナタが勝手に大きく捉えてしまって勝手に自分を苦しめているだけかもしれません。

だから、もうやめませんか?

そんなのにアナタの時間や体力を使う必要はありませんよ。

勝手な思い込みで自分を傷つけるぐらいだったら、自分が成長できるように頑張るために時間や体力を使った方が、良いと思いませんか?

もっと、自分を大切にして大丈夫ですよ。

人間関係が苦手なら仕事は早く終わらせて、安息の地へ

人間関係が苦手だからと言って、すべてがデメリットではありません。

私自身はすごくコミュニケーションが苦手で職場で言葉を交わす事なんてほとんどありません。

イヤホンしてパソコンに向かっていることがほとんどです。

自分が必要だと思った時、喋りかけられた時以外はほとんど喋りません。

そんな私ですが、人間関係が苦手(コミュニケーション不足)と思っていますが、すべてがデメリットと思ったことはありません。

それは、仕事が早く片付くから。

喋らずに定時まで黙々と作業にしていれば、早く終わりもします。

無駄に仕事が入ってくることもありません。

定時で終わらせて自分の時間を確保できると思うと、デメリットばかりではないと思いますよ。

気にしてはいけない、それはアナタの心に反する

周りの人が誰かの陰口を言っていたとします。

アナタは混ざりますか?

私は思う所が無ければ、その話には混ざりません。

直接本人にいう訳ではないし、その場のストレス発散としては良いかもしれません。

ただそれよりも、そんな話で時間を割くのはもったいないです。

それよりも作業を進め、時間を確保し、自分が今頑張っているもの、自分の大切な人へ時間を割く方がよっぽどストレスを発散できると思います。

まとめ

今回は、仕事の人間関係で悩んでいる人へ「自分の大切なことへ時間を割くことを考えてほしい」ということをお伝えしてきました。

仕事は大切ですが、一辺倒にするのではなく、アナタ自身への時間を使うようにすることがアナタが幸せにつながるのではないでしょうか。

コメントを残す