働く人の悩みを解決するためのブログ

「AddQuicktag」を使って記事作成の無駄な手間を省こう!

こんにちはromanです。

今回はブログで記事作成中の無駄を省きたい人(WoroPress使用者)にオススメのプラグインを紹介します。

このプラグインにはややこしい設定はないので、初心者でも簡単に使うことが出来ると思います。

プラグイン導入から設定まで画像付で説明していくので、良かったら試してください。

AddQuicktagの機能

このプラグインは「AddQuicktag」というもの。

これは、HTMLコード(ショートコード)をボタンワンプッシュで挿入する機能があります。

もちろん設定が必要となりますが、およそ3分程度で済ませることが出来ると思います。(慣れたらもっと省略できると思います。)

例えば、以下のように吹き出しを設定するとします。
(因みに私はWordPressテーマ「SANGO」を使用しています。)

名無し

どうも!

このショートコードは

「say img=”” name=”名無し”」どうも!「/say」

と言う様になります。(※コード表示のために一部改編しています。)

記事を書いている最中にこのコードを入れたいとします。

ただ、毎回コピペで貼りつけ直すのは若干ではありますが手間がかかってしまいますよね。

roman

このちょっとの手間を省くプラグインですよ。

プラグインの導入

さっそくプラグインの導入に入りたいと思います。

WordPressの左側のメニュー欄の「プラグイン」をクリック。

画面が変わったら上の方にある「新規追加」→「プラグインの検索…」で「AddQuicktag」と入力し検索。


(↑この画面が出てくるよ)

「今すぐインストール」→「有効化」(※画像は有効化済の画像です。)

プラグインの設定

有効化が終わったら、もう一度「WordPressの左側のメニュー」をクリックしてください。

インストールされたプラグイン一覧に「AddQuicktag」が出てきていると思います。(以下画像を参照ください)

この画像の「設定」(「AddQuicktag」の名前の右下)をクリックして、このプラグインの設定に入りましょう。

このプラグインで設定するのは赤色の部分に必要な情報を加えていくのみです。

1度覚えてしまえば記事を書く際の手間を1つ減らすことが出来ると思います。

入力後は以下の様になります。

入力後「変更を保存」をクリック。

これにて、設定は終了です。

設定後の表示結果

では、次に記事編集画面ではどう出ているのか見ていきます。

下の画像の青の枠で部分が先ほど設定した結果になります。

これで、これからはワンプッシュで入力することが出来ます。

しっかりと名前を付けることでより使いやすくなると思います。

良かったら試しに使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

ツールバーへスキップ