20代から30代の働く人の悩みを解決するためのブログと時々エッセイ

仕事中にやる気がなくなってしまった時の対処法

ゆるふわ!romanです。

毎日の仕事のモチベーションは人によると思いますが、大概の人が「仕事だから」と割り切って、それなりに毎日仕事に勤しんでいると思います。

私自身もその1人ですが、それでも何かしらのきっかけがあって、急に仕事のやる気がなくなって「今日はもういいかな~」なんて思う時があります。

roman

実際に集中力がかなり下がっている状態です。

「それでも仕事だから、切り替えてやらなか!」と怒られそうな考えではあるのですが、ここは自分に正直な私。

それなりにやっているから、周りから見ていつもと変わらないんですね。

しかし、こんな状態での仕事は自身に割と大きなストレスが溜ります。

そこで、今回は私が実践している「仕事中に下がってしまったやる気を取り戻し、仕事を終わらせるループの作り方」について書きます。

【この記事はこんな人へ】

・仕事中に集中力が切れてしまいやすい人

・仕事になかなか手が付かなくて困っている人

とりあえずリストを作る

簡単なやることリストを作ります。

1、パソコンや携帯電話、紙でも良いので目で見てすぐ確認できるレベルでメモをしてリスト化します。

2、その日にやる必要がないことは、次の日用のリストへと移動させます。

3、その日にやる事が決まったら、終わらせたい順(やりたい順)に並べ変えます(番号を振ってもOK)。

4、全部決まったら、後はひたすら定時までにそれを終わらせる。

習慣化してきたら、これとりあえず朝一か前日の仕事終わりに整理します。

roman

緊急事以外はほとんど無視で。

イヤホンを装着する

私の職場ではコミュニケーションが割と盛んで、話が止まらない時がしばしばあります。(仕事とはあまり関係ないことも然り)

だいたいその時は私は加わってない(仕事を終わらせたい欲がある)ので、そんな中で作業をすることとなります。

あまり気にせずに作業をすることが多いのですが、仕事が立て込んでいる時はイライラしちゃって余計に仕事に集中できなくなる時があります。

そんなときは、イヤホンをそっと装着します。

因みにこういう時は「ノイズキャンセル」という機能が付いたものを使うのがオススメです。

「イヤホンなんかつけたら誰かが話しかけてきた時に気付かないじゃないか?」という言われそうですが、「だって周りの人は世間話で盛り上がってるし。大丈夫でしょ」と割り切ってます。

本当にようがあるのであれば、近づいて来るなり、肩を叩くなりして話しかけてきます。

roman

後はひたすら仕事を勧める。

退社時間を決める

私なんかは、さっさと帰宅して家でくつろいだり、ブログ書いたりしたいので、残業なんてまっぴらごめんです。

特にその日の夜にイベントなんかがあるとより集中して仕事を終わらせます。

roman

残業代出ないとかあるのであれば、なおさら定時で帰らなければなりませんよ。

「でも、仕事がまだ。。。」と思うかもしれませんが、そうならないために「リスト作り」「ノイズキャンセル」が生きてくるのです。

その日のリストで決めたノルマが終わっていなくても、次の日やって問題なければ次の日にやる。

その代り、より集中して仕事を進めて「今日こそは定時で帰る」と目標を決めて進める。

その手助けとして「ノイズキャンセル」です。

その日の仕事の終わりとして次の日のやることリストを更新して、帰宅へ。

roman

このループです~

まとめ

今回は「仕事中に下がってしまったやる気を取り戻し、仕事を終わらせるループの作り方」についてお伝えしてきました。

「仕事を効率的に進める」系の方法は色々とあるのですが、今回紹介したことは継続出来ていることで、割と効果的です。

この記事を読んでくれた方は是非試してほしいです。

コメントを残す