会社の忘年会をすべて断った話

ゆるふわ!romanです。

年末に差し掛かり、忘年会のシーズンとなってきました。

このシーズンに「忘年会だ~わーい」と、喜んでいる人は一体何人いるでしょう。

少なくとも楽しみではありませんし、楽しくない飲み会でしょう。

それなのに高い飲み代を払ってまで行く価値はあるのでしょうか?

因みに私、今年の会社の忘年会すべて断りました。

そこで、今回は「忘年会に参加するべきかどうか」について書こうと思います。

【目次】

    • 忘年会の必要性
    • ノミ(飲み)ニケーションは大事
    • 無理して行く飲み会は不要
    • まとめ

 

忘年会の必要性

忘年会とは「その年の辛いことを新年の前に忘れてしまって、楽しい気分で新年を迎えましょう」という意味の宴会のことで、会社としては「今年も仕事頑張ったな(辛かったな)でも、酒飲んで忘れて。来年も頑張ろう!」という感じだと思います。

roman

かなり良く言えばの話ですが…

年内の嫌な事を忘れるための恒例行事になっている忘年会ですが、残念ながら皆が忘年会に参加したいと思っている訳ではなさそうです。

という私も会社の忘年会には参加したくはないと思いっている部類の人間で、なぜなら「楽しくない飲み会」だからです。

どうやら酒を飲めば何でも楽しいという訳では無いようです。

美味し酒というのは2種類あって「楽しい酒」と「楽しくない酒」。

「楽しい酒」は友達同士で飲む酒。

「楽しくない酒」は会社での飲み会で飲む酒。

roman

これは確実ですね。。。

ノミ(飲み)ニケーションは大事

世の中にはノミケーションという言葉があるようです。

これは、お酒を飲みながらお互いの距離を少し近づけるためのコミュニケーション方法の1つ。

お酒に酔えばお互い気兼ねなく話すことが出来るので、それなりに距離を近づけることが出来ます。

これは、友達同士での飲み会とは少し違って、戦略的な所があります。

簡単に言えば「仕事を円滑に進めるために社員(お互い)の距離を近づけておく」ということです。

私としては、こういったノミニケーションは会社に馴染むために重要なことだと思っていて、私自身こういった飲み会は馴染むためのチャンスだと思いっています。

スポンサーリンク

無理して行く飲み会は不要

ノミケーションは大事だと書いたところですが、ある程度の距離が縮まれば参加の必要はないと思っています。

つまり、仕事である程度コミュニケーションを取れるようになってきたら、堅そうな飲み会へ参加は不要だということです。

おまけにこういった忘年会は自腹であることが多く、さらに複数回あることが多いです。

そのため、そのため出費が多くなってしまい年始から非常に厳しいお財布事情になりかねません。

出費を防ぐためにも無駄だと思われる飲み会への参加は避けた方が自分のお財布の為です。

まとめ

今回は「忘年会に参加した方が良いか」について書きました。

「何となく会社の集まりだし。。。」というのもあると思いますが、どうせやるなら仲良し同士での忘年会にすることを優先しましょう。

複数ある忘年会、どれが自分にとっての忘年(1年の辛いことを忘れられる)会になるかを選びましょう。

roman

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

ツールバーへスキップ