サクッと読める~仕事の悩み(進め方・人間関係・その他)を解決するブログ~

転職は悪いのか?~転職をするタイミングを考えて行動を起こそう~

roman

転職を考えているけど、自分を雇ってくれた会社だし、転職するってなると少し申し訳ない感じがする。やっぱり転職せずにこのまま働き続けた方が良いのだろうか?

転職を考えているけど、せっかく雇ってくれた会社に恩を仇で返すような気持になってしまうことってありますよね。

しかし、生活環境だったり、将来のことを考えたとき転職を考えるのは当然です。

中には「お世話になった会社を離れるなんてとんでもない!」という人もいますが、それはその人の考え方なので鵜吞みにする必要はありません。

自分のやりたいことにチャレンジするためであったり、自分にとってより良い働き方をするためには必要なことです。

このページでは、転職にあたっての整理するべき事項をお伝えいたします。

転職は悪いことではない

転職することに罪悪感を持ってしまうのは仕方ありません。

職場の人間関係が良ければなおさらでしょう。

しかし、これからのキャリアや生活を考えたとき、転職のことも考えてしまうのは当然です。

職探しをする時に考えるべきこと

転職活動するときは、給料や待遇面、場所を見て探すことがメインになると思います。

ただそれだけではなく、今の職場環境で感じたことも考慮して探しましょう。

例えば「肉体労働が多め」「外部の人とのやりとりが多め」など、自分が苦手とすることは避けられるようにしましょう。

なるべく自分が得意な分野に集中し、ストレス少なく働くのは大切なことです。

我慢を続けると不満や不安は膨らんでいく

転職をしないことも1つの選択です。

ただし、強い不満や不安を抱えている場合は、その職場で働き続けるのはあまり得策ではないでしょう。

現状の不満は解消されない可能性

職場で大きなストレスを抱えている場合、その場を離れない限りはそのストレスは続く可能性は大きいでしょう。

しかし、自ら社内改善など、何かしらの行動すればをすればストレスは改善されるかもしれません。

リストラになれば他で通用しない可能性

会社勤めしていれば、ある程度の安定あります。

しかし、業績不振などでリストラされる不安もあると思います。

その場合、やむを得ず次の仕事を探すことになると思いますが、社内では通用していたことが通用しなくなる可能性があります。

その不安を解消するために今の会社で勤められている内に新しいスキルを磨くようにしておくのが得策でしょう。

まとめ:働くのは自分のため

いざ転職を決意し上司にその旨を伝えたとき「お前は会社への恩を仇で返すのか?」「お前がここ以外でやっていける訳ないだろう?」など言われることがあるかもしれません。

しかし、転職を決めたのは自分の将来のためだと思います。

引き留めの言葉や皮肉を言われたとしても、「やりたいことができた」と強い意志を持ち転職に進みましょう。

もし、退職で悩んでいるのであれば、こちらの記事をお読みください。(自分に合った転職サイトを見つけ、最適な職場見つけ出そう

2 Comments

コメントを残す