職場(会社員)の悩みを解決するためのブログ

仕事に行きたくない時の考え方・整理の仕方

疲れたサラリーマン

毎朝、仕事に行きたくないから起きるのしんどくて、出勤の前日は気分が落ち込む…。こんな毎日から脱出したいよ~!

roman

相当、会社に行くのが億劫なんだね…。そのモヤモヤを100%打ち消すことは難しいけど、軽減させることは出来るかもしれないよ?

疲れたサラリーマン

そんな方法あるの?是非その方法教えて欲しい!

roman

もちろん!じゃあ、今回は仕事に行きたくない時の考え方や整理の仕方について解説するね!

自分の仕事の目的をもう一度考える

あなたが仕事をする目的は、もしかすると“お金”が目的ではないでしょうか?

別にそれが悪いと言っている訳ではありませんし、立派な働く理由だと思います。

なぜ、このようなことを聞いたかと言うと、それが会社に行きたいくない気持ちになりやすい原因だと思うからです。

「会社に行きたくない」と「お金が欲しい」という気持ちが合わさって「(お金欲しいけど)会社に行きたくない」みたいな感じです。

ただ、逆にしっかりとした働く理由があるのであれば、考え方を少し変えるだけで、見方も変わり会社に行きたくない気持ちが少しは和らぐと思います。

考えをシンプルにして行動する

「自分は生活費を稼ぐために働いている!」と割り切って、淡々と働きに出ると、グダグダと考えずに済むと思います。

人は頭の中で同じことを考えていると脳に、その考えが刷り込まれてしまいます。

簡単に言えば自分で自分を“洗脳”している状態です。

「会社行きたくない、行きたくない」と考えてしまうほど、体が動きにくくなってしまいます。

だかあら、割り切って「今日も稼ぎに行くか!」「さっと行って、さっと終わらせよ」などに考えを変えて動きだしてしまった方が楽になると思います。

なぜ、仕事に行きたくないのか?

RRiceさんによる写真ACからの写真

上記では、仕事行きたくない思考は考えを変えたり、割り切ったら良いと書きました。

それだけで動きだせそうな人は、是非先ほど書いた方法を試していただければと思います。

しかし、中には「いやいや、行きたくないのには理由があるんよ...」という人もいると思います。

そんな人は、改めてその理由を考えて、書き出してみると良いと思います。

出来れば、それに順位を付けてみるとより対策を練りやすかもしれません。

行きたくない理由が明確になったら?

行きたくなり理由を洗い出したら、次の様に分けてみると、より考えがすっきりすると思います。

  • 自力で解決できる(できそう)
  • 自分で解決できない

自分が抱えている悩みの種の大きさに寄りますが、とりあえず手を付けやすそうな点から解決していくのが良いと思います。

なぜ、これをするのかと言うと、頭の整理が付きやすいからです。

すぐに取り除けそうな点あれば、同時に自分のストレスも取り除けると思います。

難しそうならば、周りの力(上司や人事に移動願いを出したり等)を借りたりすると良いと思います。

とにかく、自分が何でそんなに会社に行きたくないのかをハッキリさせることが大切です。

意外と最初の方に書いた“考えを変えたり、割り切り”で解決できることもあるかもしれません。

目的以外のことは必要以上に悩まない

TicTacさんによる写真ACからの写真

行きたくない理由を考え始めると、ずっと考えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、自分の目的以外のことで悩むのはキッパリ辞めてしまうのが良いです。

先ほども、行きたくない理由を整理することをお勧めしましたが、その解決方法に悩むことは良くありません。

あくまで整理を目的としているので、余計に悩んだりするのは得策ではないと思います。

自分の働く目的は決まっていると思うので、それ以外のことで悩んだり、時間を使うのは非常にもったいないです。

完全にとはいかないと思いますが、出来るだけシンプルに働けると今よりはだいぶ楽になると思います。

そのためにも余計なことで悶々と考えるのは止めておきましょう。

まとめ:会社に行きたくない理由、行かなければならない理由をハッキリさせる

RRiceさんによる写真ACからの写真

「会社に行きたくない」という考えは多くの人にあり、その理由は人それぞれだと思います。

しかし、その考えをマイナスに使ってしまうのは非常にもったいないとも思います。

今回紹介した方法を簡単に言うなら、「会社に行きたくない理由、行かなければならない理由をハッキリさせよう」と言うことです。

そうすることで、毎朝「会社いきたくないな~」とマイナスの気持ちで朝をスタートさせなくて済むかもしれません。

健康で、働いて収入を得て、穏やかな日々を過ごせるようにしていけることを願っています。

コメントを残す