サクッと読める~仕事の悩み(進め方・人間関係・その他)を解決するブログ~

向いている仕事がわからないあなたへ

roman

正社員、派遣社員、バイト、色々と仕事をしてきたけどどれも合わなかったな…。自分に向いてる仕事ってないのかな…

恐らく色々と頑張ってきたけれど、どれも上手くできなくて自信をなくしているのではないでしょうか。

「自分に向いている仕事なんてないんだ」と思うまで苦悩の日々だったと思いますし、今も悩み続けていると思います。

このページでは、「向いている仕事がない」と思ってしまった人へ、これからどのようにして行けば良いのかをお伝えします。

“今は”「向いている仕事がない」と思っても悪いことではない

働くことに苦手意識を持ってしまったことは、あなた自身の正直な気持ちなので決して悪くありません。

ただし、生活していくためには何かしらで稼がなくてはならないのも事実です。

だから、働くことに対して今一度考える必要があります。

働くための条件を整理する

稼ぐためには何かをしなければならないのは重々分かっていると思います。

そこで、あなたが「ここだけは譲れない」という部分を洗い出してみましょう。

例えば

  • 出勤時間が早いこと
  • フレキシブルタイムでないこと
  • 肉体労働系でないこと
  • 人付き合いが多いこと

以上の様な感じです。

希望の条件が全て合致する企業はほとんどないと思いますので、“譲れない順”に順番を付けてみましょう。

会社勤めしない選択肢もある

会社勤めがどうしても合わないのであれば在宅ワークという選択肢もあります。

ブログでアフィリエイトを始めてみたり、誰かの代わりに文章を書く仕事(Webライター)などで稼ぐ選択肢です。

自分で始められること(アフィリエイト&広告)

アフィリエイトや広告は、ブログやYotubeなどで紹介した商品やサービスが売れれば、その内の何%かが自分の収益となります。

広告として有名なのは“GoogleAdSense”です。

広告がクリックされるとその広告の単価に応じて収入となります。

アフィリエイトで有名なのは“A8.net”です。

案件に応じた報酬が支払われる仕組みです。

※いずれも審査たあります。

仕事を受注する(Webライティング、動画編集、イラスト etc…)

ネット上で公開されている仕事を請け負うことで収入を得られます。

例えば「○○の記事を書いてほしい」「こんな風に動画編集してほしい」という人たちのお手伝いをする形になります。

中には長期的に仕事を請け負える案件もあります。

今は発注者と受注者を仲介するサービス(クラウドワークス)もあります。

まとめ:仕事は根気強く探しましょう

「自分に向いている仕事がない」と思ってしまっていても、“これまで”はそうだったかもしれません。

あなたが仕事上で嫌なこと(譲れないこと)を整理して改めて仕事を探してチャレンジしていけば、いつか自分に合った仕事が見つかるかもしれません。

また、アフィリエイトや自分で仕事を受注する方法もありますので、色々と試してみて少しでもストレスの少ない仕事ができるようにしてきましょう。

コメントを残す