20代から30代の働く人の悩みを解決するためのブログと時々エッセイ

机の周りのコード類がスッキリ整理できる便利ツール

roman

パソコン作業メインだけど、最近はUSBケーブルを使った充電も増えてきた。たこ足線を増やすのもありだけどケーブルが増えて机が使いにくい。何かいい道具はないだろうか。

パソコン作業を主にしている人は、どうしても机の上や下がコードだらけになってしまいますよね。

そのせいでコードに足や物をひっかけてコードを抜いてしまったり、飲み物をこぼしてしまった経験はないでしょうか。

今回はそういったトラブルを防ぐための道具を紹介します。

コードを束ねる

コードを束ねると言っても、机の状況によって欲しいものは違ってきますよね。

自分の状況にあった物を選んでみましょう。

シンプル系、かわいい系などもあるので、自分の机をちょっとオシャレにしたい人向けのものもあります。

ボックス型

たこ足(タップ)系のコードは、指し口付近のコードがどうしてもごちゃっとしてしまいますよね。

そういったものを整理するための専用ボックスがあります。

ふた付きでスマホホルダーの代わりにもなります。

これで、小さな子どもやペットの接触、水やほこりも防げます。

チューブ型

デスクトップパソコンは何かとコードが増えてしまうものです。

そういった複数のコードをまとめるのに適しているのがチューブ型です。

柔軟性に優れているおり、コード全体に巻きつけるのでペットや害獣がコードを噛んでしまうのを防げます。

クリップ型

挟むだけなので簡単にコードをまとめられます。

サイズも小さいので荷物になりません。

マグネットタイプのものはコードをまとめるだけでなく、冷蔵庫に貼りつけたり、食パンの袋口をとめるのにもいかせます。

ぐるぐる型

長いコードをぐるぐる巻いてまとめるタイプです。

まとめるコードは1つだけですが、中にまるまる収納もできるので、カバンの中に入れた時など他の物に引っかかってほどける心配がありません。

マジックテープ型

マジックテープなので取り付け取り外しは簡単です。

また、好きな長さに切ることができる物もあるので長さ調節は自由です。

机の横も収納スペース

収納スペースは机の上や下だけじゃありません。

机の横にも収納スペースを作ることができます。

個別に収納

コードクリップ+粘着テープで机横のスペースもコードをまとめる場所になります。

コードの先端を引っかけるようにするとよりスッキリとした感じになります。

まとめて収納

卓下にトレーを設置して、足元にコードが来ないようにできます。

電源コードの太い部分がぶら下がらないようにするのにも適しています。

USBとコンセントをひとまとめ

充電する時、コンセント(ポート)が少なくて「あと1、2個させるところがあれば…」なんてこともあると思います。

そんな人はコンセントやUSBが1つになったものがオススメです。

電源タップ 縦型コンセント タワー式

コメントを残す