20代から30代の働く人の悩みを解決するためのブログと時々エッセイ

二日酔い対策で忘年会シーズンを乗り越えよう

roman

忘年会シーズンってこともあって毎週のように飲み会だ。飲み会は好きだからいいけど、二日酔いは避けたいところ。体の事もあるし対策を立てておきたいな。

忘年会シーズンで連日飲み会なんてこともあると思います。酔っている時は良いものの、次の日の辛さ(二日酔い)は否めないのではないでしょうか。

このページでは、二日酔いの症状と二日酔い対策をお伝えします。

二日酔いは体がダメージを受けている証拠ですので、体をいたわる意味で対策をしておきましょう。

二日酔いの症状

FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

二日酔いになったことのある人は分かると思いますが、吐き気、頭痛など、とにかく気持ちが悪い状態です。

こうした症状から「昨日飲み過ぎた…」と後悔することが多いと思います。

二日酔いを避けるための自戒として、以下に二日酔いの症状を上げておきます。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 寒気
  • 倦怠感
  • 激しい喉の渇き

経験したことがある人はこんな状態だったのではないでしょうか。(私自身はこんな感じでした)

症状だけを見ると風邪をひいた時の症状に似ています。飲み過ぎただけでなぜこんな辛い状態になるのでしょうか。

二日酔いが起きるメカニズム

二日酔いになってしまうのは、アセトアルデヒドと呼ばれる成分が悪さをしているようです。

摂取されたアルコールは肝臓で分解されていると聞いたことがあると思います。この分解されたとき生まれるのがアセトアルデヒド。

アセトアルデヒドも分解され、酢酸となり最終的に炭酸ガスと水に変わります。しかし、飲みすぎると、分解が追い付かずアセトアルデヒドのまま体内をめぐることになります。

この分解しきれなかったアセトアルデヒドが結果的に頭痛や倦怠感などの症状が引き起こします。

 

アルコールの分解の流れ

 

二日酔いにならないための事前対策

putimelatiさんによる写真ACからの写真

二日酔いになる原因は先ほど紹介した通りですが、できれば二日酔いになるのは避けたいところですよね。

飲む前に対策をしておくことで、完全ではないにしろ辛い二日酔いを避けられます。

二日酔いにならないための対策は広く知られていると思いますが、復習する意味で以下に記しておきます。

すきっ腹で飲まないこと

すきっ腹でアルコールを摂取すると体内のアルコール濃度が急上昇します。

そのため、酔いやすい(二日酔いになりやすい)状態となるため、飲む前に必ず何か食べておきましょう。

飲む前に食べておくと良い物としては「タンパク質」系が良いです。

タンパク質系の食べ物と言えば、居酒屋のメニューを思い浮かべると分かりやすいと思います。(枝豆、出汁巻玉子、焼き鳥などなど)

最初に胃に入れるものでちょうどいいものは実はお通しだったりするのですが、最近ではお通しが無いお店もあったりしますので、いきなり飲むのではなく何か注文(タンパク質系)してからにしましょう。

二日酔い防止ドリンク・サプリメントを買っておく

薬局やコンビニで売っている二日酔い防止用のドリンクを見かけたことはありませんか。

「ウコンの力」や「ヤパリーゼ」など、「飲む前の飲み物」というキャッチフレーズで有名(ポピュラー)な飲み物です。

人によっては「飲む前に毎回はちょっと…」と思うかもしれません。

飲む量をセーブすれば、わざわざ買う必要はないと思いますが、時と場合によっては飲んでおいた方が良いと思います。

例えば、「今日の飲み会は気を使わない人ばかりでたくさん飲みそう」「昨日も飲み会だったし、肝臓の機能が落ちてるかも…」というように、“ちょっとでも心配”なら体のためを思って飲んでおきましょう。

寝る前に水分補給をしておく

アルコールは利尿作用があり、体の水分が失われやすい状態となります。また、アセトアルデヒドを分解する際に水分を使います。

つまり、“アルコールを摂取する日は体の水分を多く使う”ということです。

「今日は飲む量が多かったかな」と思うのであれば、積極的に水分を取るようにしましょう。(注意:お茶なども利尿作用があるので、普通の水もしくはスポーツドリンクを飲むようにしましょう)

アルコールを飲んだ後にやってはいけないこと

酔ってはいるもののアルコールを飲みすぎた自覚がある人がいます。そういった人は二日酔いを懸念して、体からアルコールを出そうと対策を高じます。

しかし、その方法がかえって悪い方へ向かってしまう可能性があります。

知っている人もいるかもしれませんが、念のため書いておきます。

長風呂しないこと

「汗を欠けばアルコールは抜ける!」と、飲みすぎた後に汗をかくために長風呂や熱いお湯につかってはいませんか?

先にも書きましたが、アセトアルデヒドを分解する際に体内の水分を使います。

たしかに汗と一緒にアルコールも排出されますが、水分も多く出て行ってしましますので、体の脱水が進んでしまいます。

つまり、お風呂で汗を流すことは体内のアセトアルデヒドの分解を遅らせてしまう、ということになってしまいます。また、アセトアルデヒドの分解で水分を使っているので、脱水症状を起こしやすい状態になっているともいえるので注意が必要です。

連日飲みすぎないようにしよう(休肝日をつくろう)

先に言っておくと“休肝日”による肝障害を予防する科学的根拠はありません。

しかし、アルコール摂取量を減らすことへの意識付けするために役に立ちます。

肝臓を休めるために週に1日以上飲酒しない日を設けることを推奨する目的で作られた造語。

習慣的な飲酒を継続しているとアルコールは依存性薬物のため耐性が発生し、徐々に飲酒量が増加する危険性があります。
休肝日を設けると飲酒総量が減るので肝障害が予防できる可能性があります。しかし、反動で飲酒する日の飲酒量が増えるかもしれません。休肝日を設けられるか否かで、肝障害の進展を予防するという科学的根拠はありませんが、アルコール依存症のような問題飲酒の顕在化には役立ちます。アルコール依存症や予備群であれば、休肝日にはイライラしたり寝付きが悪かったりするため休肝日を継続することに失敗するからです。

出典:厚生労働省(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/alcohol/ya-063.html)

まとめ:何であれ飲みすぎは禁物

まぽさんによる写真ACからの写真

二日酔いになる原因と対策をお伝えしてきましたが、飲む際は飲みすぎないように気を付けましょう。

いくら飲む前に予防ドリンクを飲もうが、飲んだ後に水を沢山飲もうが飲みすぎは体に良くないのは確かです。

「酒は百薬の長」と言われますが「酒は命を削る鉋」(対義語)とも言われます。

ついつい楽しくて飲みすぎないよう注意しましょう。(周りに迷惑をかけないように…)

コメントを残す