サクッと読める~仕事の悩み(進め方・人間関係・その他)を解決するブログ~

残業をしないことで得られるメリットとデメリット

roman

仕事も終わったから早く帰りたいけど、まだ皆残っているから帰りづらい。

あなたは以上のような職場環境で苦しんでいると思います。

こういった環境は残業代を目的とした人や単純にダラダラと仕事をしている人が多く、残業が当たり前の職場にななっていると言えます。

しかし、あなたとしては何よりも早く帰宅する方を優先したいですよね。

このページでは、あなたが気まずさを乗り越えられるように、残業するデメリット、残業しないメリットをお伝えします。

残業は今や会社にとっても大きなデメリット

ブラック企業が世間から強く叩かれる昨今、「残業」は世間にブラック企業加減を知らしめる指標・機会となっています。

更に働き方改革が施行されたため、法的にも罰せられることとなりました。

今や会社として残業を多くする社員はやっかいな存在となりつつあるのです。

月の残業時間には制限がある

2019年4月より残業時間に対して以下のような制限が設けられました。

・原則として月45時間、年360時間を超えないこと
・特別な事情な場合でも、年720時間以内、複数の月で平均80時間以内、月100時間未満を超えないこと

出典:厚生労働省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/content/000474499.pdf

これは法律による上限となるため、守られない場合は罰せられます。

持ち帰り残業もしてはいけない(リスクが高い)

法律で残業時間に規制が入れば、会社も無視するわけにはいきません。

この法律が施行されてからは、会社は“ノー残業デー”“〇時になると社内全体が消灯またはパソコンが使えないようにする”など、残業時間の上限を超えないように対策しています。

しかし、仕事の量が減ることはないため、仕事が溜っていくのと同時に“仕事を自宅に持ち帰ってやる”という人が増えているようです。

この“持ち帰り残業”についても、世間ではいろいろと取り上げられていますが、総合してハイリスクであると認識すべきことです。

例えば

「社外秘の資料を紛失してしまった」

会社にとって大きな不利益を与えてしまった場合、会社から賠償を求められたり、職を失うことにもなりかねません。

「過労で倒れてしまった」
「実は持ち帰り残業をしていた」ということが発覚してしまうと、会社のためにやったことなのに結果的に不利益を与える結果となってしまいます。最悪の場合、退職せざるおえない状況にもなりかねません。

以上のように「会社のためにやったことなのに、結果的に大きな不利益を与えてしまった。そして、自分は体を壊してしまった」というように目も当てられない状況になるリスクがあります。

このようなことから“持ち帰り残業は絶対に行わないこと”を肝に銘じておいた方が良いでしょう。

残業は体に負担が掛かっている

持ち帰り残業ではなくても、残業することが当たり前になっている人は危険です。

体力があるうちは大丈夫でしょうが、歳を重ねるごとに体力も落ちていきますので、過労により倒れてしまう可能性が十分にある事を認識しておきましょう。

「働けなくなってしまった」しまってからでは遅いです。

「残業なし」を実現するためにはどうすれば?

「残業しないように」と意識をしていてもすぐに実現できるものではありませんが、残業をしないために努力することや、誰かの手を借りることで残業をしなくても良い状態へ持っていくことができます。

自分で出来る努力

他人の力を借りる

残業しないことで得られるメリット

残業しないことで長期的な面でメリット得られます。

少しでも将来のためにできることを増やしていく計画が望ましでしょう。

体の健康状態を保ちやすい

あなたは「終電近くまで働いている…」「会社に泊まり込みでやっている」という人ではありませんか。

この様な人は「寝不足」「倦怠感」が当たり前になっているのではないでしょうか。

これに慣れてしまっていると、体を壊すリスク(働けなくなるリスク)を背負っていることになっていますので、もしそのような事態になってしまった場合、目も当てられないでしょう。

残業をしないことにより、休む時間を確保できるので体と心への負担を減らせます。

そして、常により良い状態で仕事に向かうことができますので、長く仕事を続けることに繋がります。

“将来のための”勉強時間を確保できる

“定年後の貯金2000万”や“終身雇用の崩壊”などが話題となりました。

また副業の解禁によって、会社へ依存することが難しくなっていく時代が来るかもしれないことが予想されます。

このような将来への不安を減らすためにできることは、会社以外から収入を得られるように何らかの勉強をしておくことです。

しかし、お金を稼ぐと言うのは簡単ではありません。

だからこそ、“勉強する時間”と“実行する時間”が必要となります。

その時間を確保するためには残業時間を減らす(無くす)ことです。

副業のために時間を確保したいと考えている人はこちらをご覧ください。→“将来のための副業~まずは自己働き方改革から始めよう~

まとめ:「残業なし」が当たり前の日常を目指そう

oldtakasuさんによる写真ACからの写真

冒頭でも書きましたが、残業は自分・会社にとってデメリットとなります。

仕事量が急に減ることは無いと思いますので、残業を無くすまでは時間が必要となります。

しかし、今まで残業していた時間が無くなったことによって、家族と過ごす時間を得られたり、副業に時間を使ったりと自由な時間を得られますので、積極的に残業を減らせるように努力をしていきましょう。

1 Comment

他人の仕事を手伝ってはいけない理由と断り方 | romanの「ゆるふわな日常」 にコメントする コメントをキャンセル