パチンコ・パチスロをやめる方法とその先にあるもの

roman

時間があればパチンコ屋へ向かう日々、負けが込んでいつもぎりぎりの生活。やめなきゃと思っていてもなかなかやめられないのが現実。いったいどうすればパチンコを止められるのだろう…

ゆるふわ!romanです。

パチンコ・パチスロ業界は衰退していると話には聞くのですが、パチンコ・パチスロ依存に悩まされている人は世の中にまだまだ多い様なので、パチンコ・パチスロをやめた(やめられた)僕からやめるための方法をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

店には行かないこと

「店には行かない」これが1番効果的であると言えます。

ちょっとした時間つぶしのために、軽い気持ちで入店したらもうおしまい。

お店を出ることろにはあなたの財布から野口さん(千円札)、樋口(五千円札)、諭吉さん(一万円札)の誰かがいなくなっていることでしょう。

しかも、わずかな時間で。

残念ながら、お店に入った時点で何も起こらない機械に大切なお金を数秒で吸い込まれてしまうのです。

だから、お店の扉をくぐってはいけません。

その時点であなたの負けはほぼ確定です…

必ず負けると思うこと

まだ打っていたころは、何となく「打ちに行きたい」という考えになっていることがありました。

これは完全にパチンコ・パチスロ依存症なのですが、この「打ちに行きたい」理由をある日考えてみました。

すると、「もしかしたら大勝ちできるかも」「少しだけ気晴らしがしたい」という考えが出てきました。

この考えは多くの人が思い浮かべるものですが、普通に考えて危険な思考だと思います。

「もしかしたら大勝ちできるかも」→今までいくら負けてきたの?(大勝ちしても今までの負けは返ってこないし、むしろかなり高い確率で負ける。)

「少しだけ気晴らしがしたい」→少しの気晴らしにしては、かなり高いお金を払っていると思うし、お金が無くなることでストレスとか抱えそう。(ゲーム買ったり、運動したり、友達とご飯行く方がいいんじゃないかな?)

以上のことはちょっと考えれば思い浮かぶと思うし、お店に行かずに別のことをした方がお財布にも精神的も優しいと思います。

だから、「絶対負けてお金無くなるから、別のことしょ~」という考えになった方が絶対いいと思います。

その日は勝っても次の日には…

突然ですが問題です。

お店に行ったとして、その日は勝ったとします。

そして、味を占めて次回もお店に行ったとします。

さて、最初に勝った分はどの位残っていたでしょう?

恐らく、ほとんど人が1円も残っていなくて、むしろマイナスの状況になっていると思います。

まず、今まで何度か同じような経験はしてきたのではないでしょうか?

今までを思い返してください、負けた回数(金額)の方が多いのが証拠です。

その日は勝っても、次の日にはその額以上を吸い取られる。

お店にそうやって踊らされてきたのですよ。

パチンコ・パチスロ動画は見ないこと

これは単純な話で「見ていると打ちたくなってしまう」現象。

パチンコ・パチスロをやめたいと思っているなら、パチンコ・パチスロ動画も見るのはやめましょう。

その動画は必ずあなたをパチンコ屋へ足を向かわせます。

「動画の人が勝っている、俺も…」なんてことは考えちゃだめですよ。

そんなことはかなりの確率でありませんから。

お店に行ったらきっと泣いて帰ってくることになると思います。

お金だけではなく時間も搾取されている

パチンコ・パチスロをやるとお金も搾取されますが、時間も搾取されていることに気が付いていますか?

お金は働けば入ってきますが、時間は返ってきません。

お金は無くなる、時間も無くなる、気持ちは萎えるし疲れる。

負けた時はこのように色々な物は無くすし取り返せないし、考えてみると本当に悲惨なものです。

その上、結果何も得られない(むしろ色々と無くす確立が大きい)というおまけ付き。

その椅子に座っている間にたくさんの多くのものが失われていることを考えてください。

きっと他の趣味を探すことで、今以上にお金は失わずに済みますし、気持ちは満たされるし、時間も有意義なものとなりますよ。

roman

もっと他にできることがあるよ!

コメントを残す

ツールバーへスキップ