ブログでやっていくなら孤独は大事

roman

ブロガーとして独立してる人羨ましいな。僕もブログで独立して会社での面倒なことから逃れたいな~特に人間関係とか。

ゆるふわ!romanです。

会社を辞める理由の多くは人間関係と聞きます。

一言に人間関係と言っても色々な状況などがありますが、やはり面倒と感じる時が多いです。

そんな環境から離れたいという思いから「ブロガーとして独立したい!」と強く思ったこともあります。

しかし、人間やはり1人で生きていくのも辛く、いざ1人になると自分が取り残されたような辛い状態に陥ったりします。

そこで今回は「ブロガーあるある」として、ブロガーの孤独について書いてみたいと思います。

【この記事は...】
・ブログ運営で頑張っていて孤独を感じている人へ
・ブロガーはなぜ孤独なのかを知りたい人へ
【目次】

    • ブログをやっていてなぜ孤独感が生まれるのか?
    • 孤独を解消するためにやってみること
    • ブロガーにとって孤独は決して悪いことではない

スポンサーリンク

ブログをやっていてなぜ孤独感が生まれるのか?

ブログで最も孤独を感じる時は誰にもブログを読まれないこと。

ブログ開設したばかりのころは、誰もいない孤島で叫んでいると同じで最初は誰の目にも留まりません。

ただブログは本当の誰もいない孤島ではないので、書き続けていると誰かの目に留まります。

ですが、見てくれる人が増える訳ではなく、またすぐに孤独の時へ戻ります。

これを何日か繰り返していくと、孤独感に似た絶望感が付いてくるようになります。

「あ~、これを書いても誰にも読まれないんだろうな…」という感じで…。

こういった、孤独感に似た絶望を理由にブログを辞めていく人が多くいます。

孤独を解消するためにやってみること

ブログをやることで感じてしまった孤独に耐えられず辞めていく人が後を絶たないのですが、解決策が無いわけではありません。

その解決方法とは、恐らくアナタもやっているSNSを活用してみることです。

Twitter、facebook、Instagram などです。

roman

僕の場合は、ブログを友達や職場の人たちには絶対に見られたくないので、匿名性の高いTwitterを主に使っています。

こういった場所には人が沢山集まり易く、興味のある分野だけ抽出して見ることだってできます。

そこに、自分の記事をURLを貼って目に留まりやすい状態にするのも良いですし、ただの交流の場としてフォロワーさんとSNS上で話してみたりするのも良いです。

ブログの記事のURLを貼るにしろ、フォロワーさんと交流するにしろ、どちらにしても「自分」を発信し続けることが大事であると思います。

もちろん、人との関わりなので常識的な部分は守らなければならないのは当たり前で、人間関係だって生まれます。

だから、面倒なことだってあるかもしれません。

だけど、交流の仕方さえ(場所さえ)間違わなければ大丈夫であると思います。

ブロガーにとって孤独は決して悪いことではない

ちょっと的外れな感じがするかもですが、何故ブロガーにとって孤独は悪いことではないのかと言うと、発信し続ける(孤独を解消する)ために記事を書き続ける事にもなるし、SNSでの交流を大切(活発)になるから。

つまり、どちらも「ブログの為の行動」にはなっているからです。

黙々と記事を書き続けることも大切ですし、情報収集や孤独を解消するためにSNSでの交流も大切。

これら以外にも大切なこともあると思いますが、結局は自分の為にはなっているということです。

そんな中でブログを通じてでも良いですし、SNSを通じてでも良いのですが誰かの役に立っていたりするかもしれないのです。

ブロガーには確かに孤独な時はありますが、完全な孤独ではありません。

もしブロガーとして孤独を感じているのであれば、この記事が参考になっていれば幸いです。

roman

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

ツールバーへスキップ