その仕事は自分の生活スタイルと合っているか?

こんにちはromanです。

最近忙しいと前回の記事で書きました。(前回記事→自分が必要ないと感じたら
やはり今月末まで落ち着きそうにないです。

これだけ忙しいと気持ちに余裕がなくなり、ずっとネガティブなことばかり考えてしまいます。
ネガティブになる原因は仕事。
これだけは確実です。

そうなると頭の中は「仕事、嫌!」でいっぱいになります。
それと同時に考えることは「ブログで今の仕事と同じ位稼げたらなー」という思いが浮かびます。

思い浮かぶだけで、なかなかブログにも力を入れられていないのが現状です。
考えていることと行動がまったく別の方向を向いていて、モヤモヤとした気持ちがずっとあります。

【仕事も自分ベースで】
忙しくなると仕事が嫌になることは誰でもあることだと思います。
ただ、これが好きな仕事であればどうなるでしょうか?
限度はあると思いますが、好きな仕事であればストレスは少ないのではないかと思います。

今のところ「忙しさ+人間関係」がストレスが大きいと感じています。
それがブログやクラウドワークで稼げないかなと思う大きなきっかけです。

もし、今の仕事を辞め、ブログやクラウドワークで稼げげるようになったら、忙しさはあると思いますが、人間関係の部分が大きく緩和されるのではないかと思います。

私個人の生活として、休みの日に「仕事のための勉強」などはしないスタイルです。
前職と現職は業種が違いますが、周りの人は休みの日は自己研鑽を積むのが普通という感じでした。

ただ、これは仕事によるものだと思います。
自分が好きで興味深々であれば休みの日であっても”それ”をするのだと思います。
そもそも、仕事という概念がなく好きなことをただやっている感覚に近いのかもしれません。

そう考えると「休みの日まで仕事のための勉強などしたくない」と考えている時点で自分には今の仕事は合っていないのかもしれません。

また、ブログやクラウドワークも100%好きなことかと聞かれればそうではありません。
理想の生活を実現するための手段という意味合いが強いです。
仕事のために自分を使うのではなく、自分のために仕事を利用したいなと思います。

【無意識に動いている】
休みの日でもやっていることがもしかしたら自分の好きなこと、もしくは興味のあることなのかもしれません。
「好きな物の上手なれ」という言葉があるようにポジティブな思いで取り組めるものが仕事になれば、これ以上のことはないと思います。

自ら進んで無意識的にやってしまうことなので、やり様によってはしっかりとした仕事になる可能性は高いと思っています。
一時期流行った言葉「好きなことで生きていく」で有名になったユーチューバーも同じようなものだと思います。

【恐怖概念からは何も生まれない】
一昔なら仕事は、定年まで会社のために尽くして生きていく、というのが当たり前でした。しかし、今は「ブラック企業」や「働き方改革」など言葉が流行っています。

定年まで会社のために尽くす時代は終わったという言葉も良く聞きます。

私自身も前職がブラック企業ということもあってか、定年まで会社に尽くすなんてありえないと考えている人間です。
実際に感じたことですが、興味があった職に就けたとしても環境が最悪であれば嫌になっても仕方がないと思います。

上司に怯えたり、周りとの人間関係が面倒だったりと、興味のある仕事に就けたとしても関係のない障害が生まれます。
そういった環境では決して自分が望むものは手に入らないと思います。

仕事は生きていく上で切り離せない存在だと思います。
だからこそ、自分がこれでもかって言う位好きなことを突き詰めて行くのが良いと思います。

もちろん会社に入ることで学べることがありますが、ずっといる必要はありません。
時期が来たら自身だけでチャレンジしてみるのもありだと思います。

では今日はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

ツールバーへスキップ