ノウハウ本の選び方と見方

こんにちはroman です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、最近、「ブログで収入系」の本(電子書籍)で勉強を始めています。

現在2冊読み終わり、次の本を探しているところです。

「新しいのを探すのであれば、その2 冊をもう1 度じっくり読んだ方が良いのでは?」という意見もありそうですが、どうもこれだけでは「ブログで稼ぐ」ということが、いまいち理解できていないような感じで、、、。

そういったこともあり、新たな本を探しているところです。

そこで今回は、私なりの本の選び方、注意すべき点を書いていこうと思います。

【2冊読んで気づいたこと】

現状、私が「ブログで稼ぐ」ために買った本は2 冊。

前職で編集部にいたせいか、出版社や著者がやはり目につきます。

そのおかげか、このようなノウハウ本を見るときの重要な点に気づきました。本当にちょっとしたことなのですが、重要だと思います。

それは、”共通することを書いている”ということです。

出版社、著者の2つが違えば、違った編集、文体となるはず、なのに共通する部分がある。

これはどんなノウハウ本にでも当てはまることだと思います。因みに学校の勉強で使う教科書や参考書にも同じことが言えると思います。

スポンサーリンク

【出版日に注意】

私が購入している本は電子書籍ですが、購入するときに気をつけていることがあります。

それは”出版された日”です。

書店(紙の本)で購入する場合は、ここは気にしなくてもいいと思います。

その理由は簡単で、勝手に本屋さんが定期的に入れ替えをしてくれるからです。

ただ、電子書籍の場合はそうはいきません。購入時、欲しいキーワードで検索すれば、それに沿った商品が出てきます。

これは出版日など関係なく、表示されるので、どれが最新の情報なのか分かりません。

文章を書くテクニックなどのベース部分は基本的には変わらないと思いますが、利用するサービス(GoogleAdSense™ 広告サービスなど)は変わっていきます。

購入する際、今の状態にあったものであるかの判断基準として、出版日を確認する必要があります。

【出版日が古くても】

先ほど少し触れましたが、”今の状態に合っているか”という見方が出来るかによって、出版日が古い本でも有効に活用できます。

この見方が出来るようになるには、判断出来るだけの知識が必要です。

知識を得るのに知識が必要になるというのは、2 度手間感がありますが、古い本の中にも現在の本と共通する際部分があれば、それはこれからも使える可能性が高いです。

読んだ冊数が少ないので、今回はこの程度しか書くことができませんでしたが、これからも色々と読んでいくうちに気づいたことは書いていこうと思います。

それでは今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメントを残す

ツールバーへスキップ