ネガティブな感情とうまく付き合うには。。。

こんにちはromanです。

今日は「気持ちが落ち込んでいるときの対処法」を書いてみたいと思います。

私は昔から、かなりネガティブな方で“何故気持ちが落ち込むのか”について良く検索することがあります。調べると色々なことが出てくるのですが、どこを見ても何かしら1つは当てはまります。。。

ある程度のネガティブは自分を振り返るのに必要なことだとは思いますが、あまりドツボにハマってしまうと、思考が停止し、全ての行動が遅くなってしまったり、何かをするのがとても億劫になってしまいます。
無意味なネガティブは自分自身を陥れるだけになり、ただただ辛い思いをするだけだと思います。

そこで、今回はネガティブな感情に支配されドツボにハマらないために、自分によくあてはまると思われる、気持ちが沈む原因と改善策を今回は2つ挙げていきたいと思います。

【1、季節的なもの】
冬の時期になると日が短くなるので気持ちが沈みやすくなるという話を聞いたことがあると思いますが、正確には体が日光を浴びる時間が主な要因の様です。
これらの症状はウインターブルー(冬季うつ)という病名があるようで、脳機能障害の一種のようです。
見られる症状として「倦怠感」「気力低下」「過眠」「過食」などが主に挙げられていることが多いです。
この障害はセロトニンと呼ばれる物質が減少によって起きるみたいです。つまりこのセロトニンを増やす事が出来れば、いくらか改善が期待できるということですね。

[セロトニン] ヒトでは主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する。

引用:Wikipedia

[対処法] このセロトニンと言う物質は脳内で生成されるようで、日照時間(光を浴びる長さ)によって生成される量が変動するようです。
つまり、季節による気持ちの沈みは
“冬の時期は日が早く沈む→日照時間が減る→セロトニンが減少→体の調整が上手くいかなくなる→気持ちが落ち込みやすくなる”、と簡単にまとめるとこのような感じになると思います。
さらにまとめると、“冬季うつは日照時間によって変化する”と言うことになりますので、この“日照時間”を長くすれば、この症状は軽減させることに期待できるということです。

また、この日照時間を長くする方法は、部屋や職場の照明を明るくしたり、“高照度光療法”と呼ばれる治療を受けるなどの方法があるようです。しかし、1番は外で散歩するなどして“日光(自然光)”を浴びるのが健康的で良さそうだと思います。

スポンサーリンク

【2、問題の抱え過ぎ】
誰しも生きてると何かしらの問題を抱えているものだと思います。
良く聞くのは、仕事での人間関係ですね。(因みに私が1番に苦手(ストレス)としているところです。)他には、お金のことや長時間労働など、問題は人それぞれだと思います。
そして、中には処理できずにうつ病になってしまう人や自殺をしてしまう人まで出てきています。

[対処法] そんな問題を抱えながら日々を送っていると思います。中にはどうしようもないことだってあるかもしれません。正直言って、「本当に逃げ道がなく、本当にどうしようもなくなったら」この世を去るのも1つの手だと思います。
ただ、それが“本当に自分の力を出し尽くした故の決断”ならです。そうなれば誰も文句は言わないと思います。

だからまず、判断材料として自分が抱えている問題を書きだしてください。そして、それに対して、どんな対策をすればいいか・できるか、を書きだしてください。別に全てプラス思考で書く必要はありません。自分なりの解決方法を出せばいいのです。

例えば、人間関係でうまくいっておらず、そして耐えきれないのなら、その場から去ればいいのです。そして、新たな自分がいられるコミュニティに行けばいいのです。

これを実践したからと言って、直接問題が解決するわけではありません。ただ、絶対ではないですが解決できるものがいくらかあるはずです。簡単なことはなるだけ早く、すぐの解決が難しければ、ゆっくり少しずつ潰していけばいいのです。

その中で解決できたこと、解決できそうなことは、きっと力になると思います。終わってみれば意外と大したことなかったなんてこともあるかもしれません。難しければ他の人を頼って片づけてもらうのも手ですよ。

スポンサーリンク

【まとめ】
今回はたった2つだけですが、私は“ネガティブ感情”が強いので悩むことが頻繁に出てくると思いますので、ちょくちょく解決策を探しては書いて行きたいと思います。
以下の本は、問題を解決するための一環として読み始めた物です。(この本を読んだ時の気づきを書いた記事「何をするにしても大事なもの」も参考にどうぞ。)

長くなってしまいましたが、 最後までお読みいただきありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対にミスをしない人の脳の習慣【電子書籍】[ 樺沢 紫苑 ]
価格:1512円 (2017/12/23時点)

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

ツールバーへスキップ