ブログの「毎日更新」これって正しい?

ゆるふわ!romanです。

今回はブログ界隈で良く聞く「毎日更新」について書いてみようと思います。

「ブログで稼ぐ」というキーワードで探っていくと、「稼ぐには毎日更新することが大切」という一文を良く見ます。

果たしてこれは正しいのかという疑問が生まれたので考えてみました。

【この記事はこんな人へ】

・毎日更新が辛いと思っている人へ

・毎日更新の意味を頑張っている人へ

【目次】

    • 毎日更新で何が変わる?
    • 質より量?量より質?
    • まとめ

毎日更新で何が変わる?

この部分はブログをどんな目的で続けるのかで変わる所ですが、私が毎日更新で変わると思うことは2つあると考えています。
・文章力が上がる

毎日文章を書いてもいれば、文章を書くことが難しくなくなります。

恐らくアナタは「毎日書く必要もあるのか?」という疑問を持っているのかもしれません。

しかし、その「毎日書く必要もあるのか?」という裏には「毎日書くなんて大変だし、どうせ書くならじっくり書きたい」だったり、「毎日書くなんて面倒」なんてことが伺えます。

結果から言うと、毎日書くのは大変です。

つまり、毎日書く意味はその大変を乗り越えるためと言えます。

もっと言うなら、早く大変さに慣れること。

私が思う「毎日書く」というのは、(ブログを続ける上では)良い習慣&トレーニング。

・存在感が生まれる

ブログをTwitterなどのSNSと連携させている人は、ブログへのアクセスアップを狙っていると思います。

SNSには発展途上国である作ったばかりのブログへの入口になってくれます。

しかし、SNSには多くの人がおりますが、何もないブログに来る人は0%に近いと思います。

ではどうするか?

それは、ブログを更新(ブラッシュアップ)し続けるしかないのです。

つまり、「活動している人の元へ人の興味が注がれ、結果ブログに人が来るようになる」ということ。

SNS上で自分の存在を知ってもらうのです。

そして、その人たちに自分が持っている情報を発信していくのです。

Twitter上では多くの人がいるので、更新しないと埋もれて消えてしまいます。

だから、埋もれてしまわない対策として毎日更新があるのだと思います。

スポンサーリンク

質より量?量より質?

これは両方必要で世間的に求められていることです。

そして出来るなら「質良し、量良し」の記事を誰もが書きたいと思っているはずです。

ただ、通常なら、、、

・内容が濃い→量が増えない

・量が多い→内容が薄い

という感じではないかと思います。

ブログ界隈にいる人は検索順位という言葉を聞いたことがあると思います。

つまり、自分が書いているブログは他の多くの人が書いた文章と比べられているということです。

そんな人たちの文章よりも順位を良くするためには、毎日更新は有効であると言えます。

それは、ブログの存在感(ブログが生きている)ことを示すからですが、それとは別に毎日更新にはある効果があると私は考えています。

それは、修行です。

質良し、量良しの記事が書けるようになるには、この毎日更新は修行なのです。

まとめ

今回は「毎日更新がなぜ必要なのか」について書いてきました。

自分のブログの存在感を示すため。

自分の文章力を伸ばすため。

この2つが主な毎日更新が生み出す効果だと思います。

私も早く質の良い記事を書ける域に達していませんが、これからもそうなれるように励んでいきたいと思います。

roman

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す