退職の意思を伝える時に言っておかなければならないこと

ゆるふわ!romanです。

今回は私の経験をもとに退職するときに会社へ退職する意思を伝える際に、必ず言っておかなければならないことを書いていきます。

【今回の記事はこんな人へ】
・退職の時に何を言えばいいか分からない人
・退職の前知識が必要な人

 

スポンサーリンク

【目次】

    • 希望する退職日を伝える
    • 有休を使う意思を伝える
    • まとめ

 

【希望する退職日を伝える】

これは絶対伝えなければならない1つです。

在職中に次の就職先が決まっている場合はなおさらで、次の会社には入社日というのがあります。

そのため、いつ入社するかの意思表示をしなければ、印象がよくありません。

「退職するのにそんなの勝手なことできない……」という人もいます。

退職する会社にとって、辞める人の事を考える余裕はないし、考えてはくれません。

そのため、こちらの意思をしっかりと伝えなければなりません。

次の会社への入社日が決まっているなら、入社日の1~2ヶ月前には辞める意思を伝えるのが良いと思います。

【有休を使う意思を伝える】

自分の意思を伝える際に気を付けてほしいことをもう1つ。

それは有休を使うことです。

次の会社へ移る期間は収入がありません。

そのため、残っている有休を使って会社を去りましょう。

その期間を使って次の会社へ移るというのが1番理想的だと思います。

これも有休を使って会社を辞めるということに引け目を感じるかも知れませんが、先々のことを考えると、やはり有休を使った方が負担は圧倒的に減ると思います。

 

roman

私の場合は1度も有休を使わずに退職しました。

これは大きな後悔です。。。

 

また、会社は有休を使うと宣言をしないと絶対に有休を使わせようとはしません。

なので、有休を使う意思は絶対に示しましょう。

【まとめ】

今回は「会社を辞める時に伝えなければならないこと」について書きました。

今回書いたことは、言いづらいことですが、1ヶ月の生活費と時間にダイレクトに影響してくることです。

なので、しっかり取得しましょう。

因みに私は両方とも取得しなかったので、だいぶ苦しい日々を過ごしました。

たった二言です。

そして、一瞬です。

これを言うだけで、大事なお金と時間を無くさずに済みます。

roman

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

ツールバーへスキップ