副業ブロガーは時間をうまく使う必要がある

こんにちはromanです。

今回は副業ブロガーを目指している人へタイムマネジメントの重要性を書いていきます。

私は「収入のあるブロガー」を目指しています。

当面の収入の目標値は「月20万円」。

これは現在の手取り収入になります。

本来であれば税金面も考えなければいけないところですが、それは稼げるようになってから考えます。

まだサーバー代すら稼げないレベルの私です

が、Wordpressに移行して9月で1年になります。

移行後、収益化を目指してアドセンスやアフィリエイトを始め、そのためにツールやブログデザインを調べるなど、色々とやってきました。

そんな中でタイムマネジメントはかなり意識していかなければならないと感じました。

これから副業ブロガーをやろうとしてる人にとって有益な情報になれば幸いです。

【目次】

    • 会社員の方が結果(お金)が早くでる
    • 「ブログで楽して稼ぐ!」という夢のようなフレーズ
    • 「それ」を極めるのに必要な時間(1万時間の法則)
    • 成果報酬という仕組みを理解する
    • 正解はないようであったりする
    • まとめ

スポンサーリンク

ブログより会社員の方が結果(お金)が早くでる

「副業解禁!」

少し前まで「副業禁止!」というのが当たり前の世の中でしたが、最近になって一部企業が「副業解禁」の言葉をよく耳にするようになりました。

これも政府が掲げた「働き方改革」による影響です。(働き方改革については割愛します。)

これよりも前からブログで稼ぐという言葉は聞いてきましたが、この改革に後、より多くの人が「ブログで稼ぐ」を目的に手を出し始めたのではないかと思います。

「ブログ 稼ぐ」と検索するだけで数多くの方法が出てきます。

そして「これをやれば必ず稼げる!」というような、なんとも希望に満ちた言葉で溢れています。

ブログのみで生計を立てている人がいるもの確かです。

しかし、いざ自分がやってみると「全然稼げない…(これだったらコンビニのバイトした方がいいのでは?)」と思い始めるのではないでしょうか。

それでも頑張って数か月、仕事終わりに寝るのも惜しんで更新を続ける。

でも、いつまでたっても0円のまま。

「やり続ける意味あるのか?」と疑問でいっぱいになるでしょう。

またはここで止める人もいるでしょう。

結果、元通りの生活に。

それはそれで、いいと思います。

そっちの方が良いと思ったのなら、その選択は間違っていないのかもしれません。

働いていれば毎月決まった日に、決まった金額が振り込まれる。

しかも、それで十分な生活が出来るのであればなおさら。

そう、ここまでやって初めて「ブログは楽して稼げない」ということに気づけるのです。

「ブログで楽して稼ぐ!」という夢のようなフレーズ

「ブログで楽して稼ごう!」というフレーズ。

私はこの言葉が嫌いです。

この言葉は嘘で、正確には「真面目に頑張って、向き合って、試行錯誤して、いっぱいいっぱい時間使って、やっと生活できる金額が別のことをしていても入ってくる」というもですから。

会社員と違うのは「別のことをしていてもお金が入ってくること」。

会社員は会社の仕事をやって、決められた月にお金が振り込まれる仕組みですよね。

だから、そこからしか収入が得られません。

ブログは自分自身の分身で、自分が働いている時、寝ている時、遊んでいる時でも働き続けてくれるものです。

会社員と比べるととても魅力的な話ですが、先ほども書いたように稼いでくれるまで、ものすごい時間と労力を費やします。

生活できるレベルの金額をいつ何時でも自分の代わりに稼いでくれるのであれば、それは楽ですよね。

ただ、収入は安定しないし、サーバーなどが飛んで今まで育て上げたブログが消滅する可能性だって十分あります。

roman

これもあくまで可能性の話だけどね。

しかも、すべて自己責任。

こう考えると「楽して稼ぐ」なんて、出来るかもしれないけど、あくまで可能性の話で、やるにしてもものすごい時間と労力が必要という希望的な部分の要素が多いです。

だから、「ブログで楽して稼ごう」なんて考えないでほしいです。

そう考えているときっと「楽して稼ぐ」が先行して、だんだん収益が上がらないことにストレスを感じやすくなっちゃいますから。

「それ」を極めるのに必要な時間(1万時間の法則)

「1万時間の法則」という言葉聞いたことはありますか。

「そのことに1万時間を費やせば天才になれる」という法則です。

例えば、文章を書くことに1万時間費やすと、文章を書く天才。走ることに1万時間費やすと走ることの天才。

なんでもそれに費やす時間が1万時間に達すると天才になれるのです。

roman

天才じゃなくて、「マスターする」って考えると分かりやすいかもね。

「じゃ、1万時間頑張るぞ!」と意気込んでも少しイメージしづらいですよね。

例えば、1日の労働を9時間と考えると、、、

「1万時間 / 9時間 = 3年」

つまり、1日9時間やれば3年後にはマスターなれる計算です。

これを副業に当てはめると大体1日に使える時間は1~2時間。

「1万時間 / 2時間 = 14年」

この時間の使い方だと14年後にやっとマスターになれる計算です。

この1万時間の法則で考えると、毎日2時間を数が月やったぐらいでは良い結果が出ないのは当然と言っても過言ではないと思います。

あくまでマスターするまでの時間とは言え、あまりにも少ない時間です。

roman

地道にコツコツと続けるが大切。

成果報酬という仕組みを理解する

「ブログで稼ぐといっても、実際はどこからお金がもらえるの?」という疑問がわきます。

ずばり「成果報酬」です。

よく耳にするのは「アドセンス」や「アフィリエイト」だと思います。

どちらも自分のブログに広告を貼って、そこから誰かが商品を買ったら(広告をクリックしたら)、その何パーセントかを宣伝した報酬として受け取れる仕組みです。

営業マンと似ていますね。

作られた商品を紹介して、必要な人に売って、その売り上げが報酬になる。

ただ、営業マンとブログの違うところは、報酬の安定面。

大手の会社の営業マンであれば、その月の売上が少なくても個人に一定額のお金が入ってきます(逆に沢山売ったとしても一定額)。

ブログは、その月の売り上げがダイレクトに自分の財布に影響します。

つまり、企業勤めの営業マンと違うところは全て自分で成果を上げなければならないということ。

roman

まぁ、副業なので専業以外の人はそこまで重く捉える必要はありませんけど。

自分の代わりに24時間働いてくれるといっても、成果を出すのはかなり難しく感じると思います。(営業の苦労が少しわかります…)

やる以上は結果を出したいと考えると思うのですが、先に言った通り方法は検索すれば「方法は」出てきます。

それを結果が出るまで着実にコツコツと出来るか。

根気強く続けること結局はここが一番大切です。

正解はないようであったりする

「ブログで稼げる方法は沢山ある」と書きましたが、「その中でも良い方法ってないのかな?」という思いに至るはず。

ただ、その方法をどこでどう使うか(使えるか)を理解していますか。

ブログで収入を得る方法は、先ほど書いたように広告収入です。

その広告から商品を買ってもらうためには、必ず文章を書きますよね。

この文章を書くための方法、いわばネタ作りのためのツール文章技術が沢山あるのです。

中には「コンサルします」っていうものあります。

roman

こういう中には偽物(マ〇チ商法)もあったりするので、購入する場合は気をつけましょう!

そんな風に色々とありますが、どれも良い方法でもあるし良くない方法でもあります。

繰り返しになりますが、結局どれを選んだとしてもコツコツと続けられるかによるのです。

最初っからうまくやろうなんて、なかなか出来るものでもありません。

実際にやってみて、自分の肌に合うものを探り続けるしかないのです。

「これなら出来る!」というのが見つけられると、ある意味「勝ち」なのかもしれませんね。

練習も本番と変わりありません。

やりながら学んでいくのが一番だと思います。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は「タイムマネジメントの大切さ」と「ブログで稼ぐとはどいうものなのか」を書きました。

厳しめに書きましたが、私が見てきた現実はこのような感じです。

ただ、それでも書き続けている自分がいるのは確かで、ブログをやることが楽しいというのもまた事実。

最終目標までまだまだ道のりは遠いですが、やりつけたいという思いがあります。

このブログがあなたの助けに少しでもなれば幸いです。

roman

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク


 

コメントを残す

ツールバーへスキップ