「結果がでない」と悩んでいる人は行動分析をしよう

こんにちはromanです。

結果が出ないことで悩んでいませんか?

私自身も今まで生きてきて、これについてかなり頭を悩ませました。

考えはするものの、明確な改善策をどうやって見つければ良いのかが分からなくて、結局考えるのを放棄。

これでは思った通りの結果が得られないのは当然です。

振り返れば、もったいないことをしたと思っています。

では、どうすれば思い通りの結果が得られたのかをお伝えいたします。

この言葉は多くの人が口にする意味について少し視点を変えてほしいという考えを記事にしていますので、そちらと併せて見ていただけると嬉しいです。(関連記事:「結果が出ない」という考えは自分を苦しめる

【目次】

    • 頭の良し悪しは関係ない
    • オススメの改善方法
    • どれだけ注力できるか
    • まとめ

 

頭の良し悪しは関係ない

まずはじめに頭の良し悪しは関係ないと言っておきます。

確かに頭が良い人は結果を出しやすいのかもしれません。

では、頭が悪いという人は結果が出せないのか。

決してそんなことはありません。

そもそも頭の良し悪しなんて、取り組む内容によって左右されちゃうものなので、気にする必要はありません。

そのことに対してどれだけ取り組むことができるかが重要なのではないかと思います。

一言に取り組むといっても、やり方は人によって違うし、同じやり方でも性格と合っていないと結果が出なかったりします。

例えば、「この通りやれば、必ず結果がでます!」という言葉でも、その人がそれで結果が出せてるだけで、他の100人がやって必ず100人が結果が出ることなんて希です。(そのレベルによりますけど。)

重要なのは、その方法+自分に合った方法を見つけ出すこと。

情報商材の売り込みに「誰でも稼げる!」とか書いていれば、私は怪しいなって思っちゃいます。

ではなく「〇人中〇人が成功している」と書いてくれると信用しても良いかなって思います。

そういった信用できる方法をまずは得て、その方法を続けられるように自分に合った方法を加える。

roman

結局、続けられなければ何にもならないってこと。一人でやる場合は特にこういった工夫が必要。

オススメの改善方法

・タスクを減らす

タスクが多い人は良い結果を得られないと思います。

単純に考えて、やることが多いとその事に注力できないのは当然のこと。

なので、普段の自分がどんなタスクを抱えているのかを把握することが大切です。

仕事でもプライベートでも、自分がやることは全てがタスクになります。

仕事だと、送付物とかメールの返信とかはさっさとやってしまうとか。

プライベートだと、電気代や水道代の支払いをクレジットカード払いにしておくとか、買い物はいつもまとめ買いにするとか。

やりたいことで結果を出したいのなら、こういった細かいタスクはなくす方が後々ひびいてきますので、なるだけタスクは減らすようにしましょう。

・メモ帳を使う

結果を出すために必要なアイディアや、タスクを管理するためのツールとしてメモ帳を使うと良いです。

メモは手書きできる物でもよいですし、携帯のアプリを使っても良いです。

人は忘却する生き物です。

忙しかったり、意識が向いていないものはすぐに忘れてしまいます。

その場で浮かんだアイディア、やらなければならないタスクを忘れてしまわないようにするためにはメモは最適な方法です。

roman

僕は家では手書きメモ(ノートとホワイトボード)、仕事場や電車の中だったら携帯のメモ帳を使うようにしているよ。

・自分を卑下しないこと

何かを成し遂げようとすると必ず他の人の結果が気になったり、自分の方が劣っていると、自信を無くしてしまう時があります。

最悪、自分には才能がない、力が無いと諦めてしまう人も。

本当に諦めてしまいたいのであればそれも一つの選択ですが、そうでないのなら他人との差を諦めの理由に諦めてしまうのは非常にもったいないです。

もし、そのような理由で諦めそうになったのであれば、一度距離を置いてみるのもありです。

そして気持ち新たにまた頑張れば良いと思います。

roman

見直す期間を設けたり、適度な休みを入れるのも大切なこと。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は結果が出ない人に向けて、私の過去の経験を元にどうすればよかったのかを書きました。

先ほど上げた内容は、過去の自分を分析してたどり着いたことです。

うまくいかなかった原因を考えると気持ちが暗くなりますが、今後をよくするために自分をフラットな視点で分析して改善していく必要があります。

全てを変えることは出来なくても、または完全に治せなくても、少しでも意識することによって徐々に良い方向へは持っていけるはずです。

ここまで、読んでくださった方、月並みの言葉ですがどうか自分を信じてください。

たまに立ち止まっても大丈夫、半歩ずつでも前に進んでいってください。

roman

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

ツールバーへスキップ