Final Cutで動画編集(カット・微調整・テロップ編集)

こんにちはromanです。

今回はFinal Cut Pro初心者でも簡単にできる操作をご紹介しようと思います。

主に動画をカットしたり、結合させたり、動画の中にテロップの入れ方を操作しながら覚えていただければと思います。

※「ここの名前は…」的なのは必要なところしか書きませんので、ご容赦を。

多分そんな重要じゃないと思いますが、プライベートではWindowsを使っており、仕事で動画編集することがあり、その時は会社のMacbookを使ってます。

roman

前にTwitterで「Windows使ってます!」的なこと言ったので、念のため一応。。。
【目次】

    • 編集準備
    • タイムライン操作
    • 動画の長短調整&カット
    • テロップ追加
    • 書き出し
    • まとめ

編集準備

最初の最初なので、Final Cutに編集したい動画を入れるところから説明していきたいと思います。

roman

なんとなく分かる方は飛ばしてもらってもOKです~

・土台作り

Final Cut起動させたら、動画編集モードになっているか確認してください。(写真1参照)


(写真1)

※一番左(画像のように青色になっていればOK)

次に右クリック→新規イベントをクリック。(写真2参照)

※右クリック:MacPCタッチパネルの場合は2本指で同時押し


(写真2)

「新規イベント」をクリックしたら、好きな名前を付けて「OK」をクリック。(ここでは“テスト”と名付けます。)(写真3参照)


(写真3)

「テスト」という“作業場(箱)”を作ったというイメージ。この中で編集作業をするよ!

 

次に“作業机”を作ります。

ツールバーの「ファイル」→「プロジェクト」を選択。(写真4参照)


(写真4)

「プロジェクト名」を決めます。(“テスト”という名付けます。)

その他はいじらずに「OK」をクリック。(写真5参照)


(写真5)

「プロジェクト」の部分に“テスト”が現れます。(写真6参照)


(写真6)

これで土台作りは終わり!次は材料の準備。

 

・動画を読み込ませる

次に「メディアを読み込む」をクリックして、編集したい動画を選択します。(写真7参照)

(ドラッグ&ドロップでもOKです!)


(写真7)

入れ終わったらこんな感じに出てくる。(写真8参照)

ここで読み込んだ動画は“素材1”と“素材2”という名前にしてます。


(写真8)

これで、下準備は終わり。さっそく編集してみよう!

タイムライン操作

いよいよ動画編集作業に移ります。

ここで、動画で必要ない部分をカットしたり、別の動画をつなぎ合わせたり、テロップを入れたりします。

タイムラインは下の方にある、メモリがある細長い部分です。(時間のラインです。)(写真9)


(写真9)

ここに先ほど読み込ませた動画(素材1と素材2)をドラック&ドロップで持ってきます。

持ってこれたら写真10のようになります。


(写真10)

動画の長短調整&カット

ここから動画をいじっていきます。

・長短調整

現状、最初に用意した素材1(青と白)と素材2(黒)を横に並べている状況です。

素材2が長いのでちょっと短くしてみましょう。

カーソル(矢印)を素材2の右端っこに持ってきます。

すると以下のような矢印(写真11参照)が出てきますので、クリックし、そのまま左側へもっていきます。

すると、動画が短くなります。(写真12参照)


(写真12)

※この操作は、左右どちらともできますので、一度試してみてください。

今回は、試しに右から左に短くしたけど、左から右に短くも出来るよ!

 

・カット

次は動画の途中をカットしてみましょう。

タイムライン上でキーボードの“B”を押してください。

そうするとカーソルが赤色のカミソリのような形に変わります。(写真13参照)

ちなみに「ブレード」って呼びます。

 

今度は素材1の方を編集しましょう。

この「ブレード」のまま、動画のどこかでクリックしてください。

そうすると、点線が縦に入ります。(切込みを入れた印です。)(写真14参照)

そして、またブレードで別の場所に切込みを入れます。


(写真14)

キーボードの「A」を押して、カーソルに戻します。

そして、切った部分をクリック→キーボードの「delete」を押す。

そうすると黄色で囲われた部分が消えます。(写真15参照)

この2つの方法で動画の微調整を行います。


(写真15)

「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、一番使う操作だと思います!

テロップ追加

さて、次は動画にテロップを追加していきましょう。

まず、左上の一番右側のアイコンをクリックしてください。(写真16参照)


(写真16)

そうすると、様々なテロップが出てきます。(写真17参照)


(写真17)

ここで、試しに「四隅」を使ってみようと思います。

これをドラック&ドロップでタイムラインまで持っていきます。

すると紫色のボックスが現れて、それを動画に上に置きます。(写真18参照)


(写真18)

置いた後に、これをダブルクリックすると右上の方にテキストをいじれるボックスが現れます。(写真19参照)


(写真19)
※写真19の左側の動画上でも直でいじれます。

ここでは、タイトルを「降り注ぐ羽」、サブタイトルは削除します。

テキストをいじるボックスのすぐ上の「標準」をクリックすると「2Dスタイル」「3Dスタイル」と出てくるから、ここでフォント変えられるよ!

書き出し

さて、ここまで作ったもの1つのファイルとして書き出します。

書き出しの操作は一番右上の部分をクリック。(写真20参照)


(写真20)

すると、一覧が出てきますので「マスター(デフォルト)」をクリック。(写真21参照)


(写真21)

確認画面が出てきますので「次へ」を押して、保存場所を指定したら書き出し開始です。

完成した動画がこちらです。

※今回使用した素材はフリー素材を使っています。

まとめ

今回、Final Cutで簡単な動画編集のやり方の説明を書きました。

「やりながら」を念頭に置いて、

roman

まずは、触れて興味を持ってほしいな~

という思いで書いてみました。

Final Cutは有料アプリで34,800円(2018年7月22日現在)と、かなり高価です。

購入するのには割と勇気が必要だと思われます。

幸いなことに、30日間無料で使えるのでこの機会に試してみてほしいです。

今回紹介したのは、基礎の基礎でFinalCut自体は高性能で色々な編集(演出)が可能です。

ただ「私はそこまで使わないな~」という人は、Macに最初からインストールされている「iMovie」がおすすめです。(今回作ったテスト動画レベルであれば作れます。)

とにかく触ってみることが大事!”

 

もし、「この記事では分からない」「もっとこうしたいけど、どうすれば」という方がいましたら、コメントください。ツイッターのDMでも構いません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!”

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す