「プライド」を持てることをやる方がやる気が湧かない?

こんにちはromanです。

近頃、何かに精を出す人が目が気になります。

世間的に言えば「仕事」ですね。

ただ、今回は「仕事」以外に私にもっと身近なものを上げて、何がどう気になるのかを細かく書いて行きます。

【目次】

    • 仕事のコミュニティ
    • 趣味のコミュニティ(スポーツ)
    • 趣味のコミュニティ(オタク)
    • ブログ(Twitterで良く見かける方)
    • まとめ

職場

やはり仕事ともなるとプライドを持っていて当然とも言えますね。

因みに私はこれまで2社勤めていて、その両方ともが技術職。

全ての人がプライドを持って仕事をしているわけではないと思いますが、これまで接してきて「この人はプライドを持って仕事をしているのだ」と感じる時があります。

もうちょっとここ修正したい。あっ、ここはこうした方が良くなるかも!云々かんぬん。。。

安月給で毎日終電まで働き、上司に怒鳴られ。。。

たまにデスクを覗くと山積みのゲラ。

この業界に20年以上も居続けた気持ちは私には想像もできません。

roman

そこに居続けるには、やっぱりそれなりの気持ちがあるんだろうな~

正直な気持ちで表すなら「仕事は生活する手段」という認識が強いです。

しかも、ネガティブなイメージの方が強いです。

だから、その業界に何十年も身を置くなんてことが想像出来ないのです。

ただそう思いつつも「どうせやるなら楽しみながらやりたいな~」と思っているのです。

常にはそうはいかないと思いつつも、そうやって生きたい願望はしっかりあるのです。

このブログもいずれはそう思いながらやっていきたい気持ちもあります。

というかやる!

趣味のコミュニティ(スポーツ)

私は週一で卓球をやっています。

roman

今の職に就いてからは週一は難しくなっちゃったけどね。

クラブチームなので、もしろんそこにもコミュニティがあります。

趣味が一緒というだけなんですが、他人同士から趣味友になり、チームを組んで大会に出たり、ご飯を食べに行ったりと、和気あいあいとしています。

そんなチームの中には居るのですが、距離が近くなった分もめる事もしばしばあったりします。

これは私が所属するクラブだけのことでなく、どんなコミュニティでは良く起こりえることです。

特にそこでの人との距離が近くなればなるほどあり得る話だと思います。

roman

どんな所でも人との距離感には気を付けないといけないね。

でも、「上達したい!」とか「試合で勝ちたい!」と思っている人が多いことが幸いしてか、多少いざこざがあったとしても、翌週にはケロッとして一緒に練習しています。

こういうコミュニティは、簡単に抜けられる分、面倒事があると解散になることが多いと聞くのですが、幸いなことにそういうことがあっても、解決していこうとするので今までやってこれたのだと思います。

人との距離が近づくほど色々と起きやすい分、その度に協力しようとする人たちも増えていくのだと思います。

趣味のコミュニティ(オタク)

これはオタクの方ならイメージしやすいと思います。

「推しの誕生日・その他イベント祭」でものすごい力を発揮するオタクたち。

「喉が枯れるまで口上を叫ぶ」「力いっぱいのケチャ」「フリコピ」など、これでもかってくらい力いっぱいやる人。

推しに会うため、どこであろうが足しげく通う人たち。

オタクじゃない人たちが聞けば「異常」と取られる行動。

でも私は単純に「すごい」と思えるのです。

みんな好きなことに一生懸命なのです。

「オタク」という認識が良い意味でも悪い意味でも世の中に認識が広まりました。

オタクの中にも色々な人はいますが、好きな事に対するプライドは持っていると思います。

少なくとも私の周りはそういう人が多いですよ(もちろん私も)

そして、忘れてはならないのは、そういったオタクを楽しませてくれる人たちの存在。

アイドルや声優さん、アニメやマンガ、歌など作品を世に生み出している人たち、それを支える周りの人。

その人たちもプライドを持ってやっているからこそ、私たちが楽しめているというのも忘れてはいけないですよね。

ブログ(Twitterで良く見かける方)

この頃、Twitterを利用してブロガーの方々を中心にフォローしまくっています。

そこから得られる情報(知識)は確実に私のブログへの意識を変えてくれました。

今利用している「SANGO」というWPのデザインも、その内の1つです。

最近はTwitter内でも交流があったりして、それだけで嬉しい思いもしています。

そういった方たちのブログを拝見させていただくもの日課になっています。

そして、ブログで収益化して生活している方々のブログやTwitterでのつぶやきを見ると、いつも「私もこんな感じにしたい!」「なるほど、ちょっと試してみよう。。。」と思えるのです。

そういった具合に感銘を受けることが多いので、やはり本当に良い物には人は手を伸ばす(良いブログは読者がいっぱい)と思うので、それを作っているブロガーの方、デザイナーさんたちは本当にプライドを持ってやっているのだなと思えます。

もっとたくさんの人に読んでもらえるように頑張るよ~!

まとめ

今回「プライド」をテーマに私の身近なことと結びつけて書かせていただきました。

プライドを漢字で書くと「矜持(きょうじ)」となります。

矜持(きょうじ)とは、プライド自尊心、自負心などを意味する言葉。

参照:ウィキペディアより

という意味があるように、自分の心(思い・考え)にあたる言葉です。

他人とかではなく、自分自身の気持ち。

プライドが持てる事は、きっとその人にとって大きな力となるものだと思います。

その事にいっぱい力を注げるように生きていきたいですね。

roman

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

コメントを残す