働く人の悩みを解決するためのブログ

1日の予定を詰め込みすぎると翌日頑張れなくなる

roman

なんだか最近疲れがとれないな~、休みもしっかりともらっているのになんでだろう?

ゆるふわ!romanです。

アナタは休日をどのように過ごしていますか?

もしかして、予定をいっぱい入れていませんか?

結論から言って、これで疲れが取れないのも当然です。

「好きなことをやっているからリフレッシュになっていいじゃん」

確かに休日に好きな事をやることによって、心のリフレッシュにはなります。

でも、好きなことをしちゃい過ぎるのも良くはありません。

それは「体を休めていないから」

そこでは「家でゆったりと過ごす大切さ」について書いていきたいと思います。

【この記事はこんな人へ】

・なんだか疲れがとれないと思っている人へ

・ずっと忙しいと感じている人へ

体の2つの体力

僕は体には2つの体力があると思っていて、それは、「動く体力」と「心の体力」

少し細かく説明すると、

・動く体力:風邪をひかない、怪我をしていないなどの体の表面的な部分のこと。

・心の体力:心配事、悩み事、ストレスなど精神的な部分のこと。

この2つが揃って初めて健康的な体って言えるんだと最近思い始めました。

roman

まだ若いと言われる年齢ですが、気を使っておいて損はないと思っています。

いつもより早く帰った休日

これまでの休みの日は、朝から外出し帰宅するのが0時近かったりすることが多かったです。

「仕事は休みだけど、体は休められていない」という状況。

このときは、1日を楽しんだ分に精神的にリフレッシュされますがが、やはり体の方には疲れが溜ったままになります。

だから「なんとなくだけどダルい」と感じていることが多かったです。

ある日、久しぶりに休みの日に何もない日ができました。

「せっかくの休み、何かしなきゃもったいない。」と思ったのですが、「今日はゆっくりアニメでも見ようかな」と外出することをやめました。

時間の進みを遅く感じた休日

いつもの休みは外出していっぱい遊んで、夜遅くに帰ってくる。

そんな日が当たり前になっていたので、家に籠ってゆっくりしていたこの日は違いました。

1日家にいることを決めたので、溜っていた家事や支払いなどを終わらせて、後は暖かいお茶を飲みながらアニメを見たり、仮眠を取ったり、ブログを書いてみたりと、比較的ゆっくりとした時間が過ぎていきました。

退屈だけど、気持ち的にはものすごい余裕がありました。

やらなきゃいけないことは終わらせ、ちょっと疲れたら気ままに休憩し、どことなく体力を温存+回復させながら、やることを終わらせる。

1日を上手く使えたような感じでした。

気持ちに余裕を持たせてあげる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は「休みの日はしっかりと休んで気持ちに余裕を持たせる」ことの必要性を書きました。

気持ちに余裕を持たせること物事を上手くいきやすい。

思いっきり遊ぶことは気持ちをリフレッシュさせるために必要な事ですが、丸1日それに使うのではなく、早めに帰宅してゆっくりと過ごす。

「最近、何だか疲れているし、上手くいかないな~」なんて思っているのなら、自分をしっかりと休ませてあげることを意識して1日を過ごすと良いかもしれませんね。

roman

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

ツールバーへスキップ