ブログにも活用出来る「自動ツイート」

スポンサーリンク

こんにちはromanです。

ツイッターを眺めていると、毎日同じ時間帯に同じ内容のツイートを見かけると思います。

私は今回紹介する「自動ツイート」を知るまで「熱心にツイートしてるな~」と感心していました。

当時、勤めていた会社での退社はほとんど0時近く、今よりもブログの更新は少なかったです。

そのため、今よりもずっと読者も少なく、読んでもらえる機会は「にほんブログ村」や「人気ブログランキング」、そして、「ツイッター」で記事更新時の通知ぐらいしかありませんでした。

なので、当時の私が思ったように、「時間になったらツイート」するなどの行動がとても羨ましかったのを覚えています。

しかし、ある時「自動ツイート」しているアカウントページを確認すると、まったく同じ内容のツイートの羅列ではありませんか。(たぶん、完全放置状態のアカウントだと思います。)

その時にようやく「自動ツイート」の存在を知りました。(本当に気付くのが遅いですよね・・・)

「自動ツイート」と検索すれば、方法を書いたサイトが沢山出てきました。
その中から、簡単そうなものを選んで使わせていただいてます。
(因みに今回はそちらをご紹介します。)

【私が利用している自動ツイート】
AutoTweet」という自動定期ツイート設定サイトを利用しています。

「ツイートの時間設定」と「ツイートの内容」を入力するだけと、非常にシンプルな作りで使い安いと感じたので、現在こちらを使わせていただいています。

【必要なものはアカウントだけ】
余談ですが、これは、ウェブ上で時間やツイート内容を設定するので、PCや携帯にインストールやダウンロードすることなく使えます。

既に書いてますが、必要な物は「ツイッターのアカウント」のみです。

【利用にあたっての注意】
※ここにたどり着いたということは、すでにツイッターアカウントをお持ちだと思いますので、アカウントを取得したことを前提に勧めます。※

まず利用するにあたって、利用規約(注意事項)は読んでおきましょう。
「AutoTweet」の規約では以下の様に書かれています。

はじめに
本サイトの自動ツイート機能を使って、Twitterに投稿しているユーザーは本サイトを利用しているとみなします。
本サイトを利用しているユーザーは、本利用規約に同意しているとみなします。

禁止事項(以下の項目を無視するとtwitterにアカウントを凍結される原因になります。)
犯行予告などの犯罪行為を行わないでください。
特定の個人や団体を攻撃したりする自動投稿文章を設定しないでください。
特定のユーザーに迷惑をかける目的で@返信を含んだ自動投稿文章を設定しないでください。
#タグを含んだ文章を、自動投稿文章として設定しないでください。
スパム行為を行わないでください。Twitterにおけるスパムの定義はTwitterの利用規約を参照してください。

注意事項
同一の文章は一定時間経過後でなければツイートできません。
本サイトは、ユーザーへの告知なしに、機能の変更、サービスの終了を行うことがあります。

免責事項
本サイトに設定したツイート文章の内容については、ユーザーが責任を持つこととし、本サイトは責任を負いません。
本サイトの機能によってTwitterに投稿されたいかなる文章の内容に対して、ユーザーが責任を持つこととし、本サイトは責任を負いません。
万一、本サイトの機能が正しく動作しなかった場合でも、本サイトは責任を負いません。
ユーザーのアカウントがTwitterに凍結された場合、本サイトは責任を負いません。凍結については、Twitterの利用規約を参照してください。

※AutoTweet「利用規約」より引用

規約にも書いてある通り、無視してしまえば、ツイッターアカウントの凍結につながる可能性もあるので、使い方は注意しましょう。

また、注意事項に「同一の文章は一定時間経過後でなければツイートできません。」と書かれており、アカウント凍結につながらない様、事前に配慮してくださっています。

とはいえ、使い方を間違えればアカウント凍結されてしまう可能性は十分にあると思います。

基本的には「見ている人が不快に思わないレベル」を意識して設定するのが良いと思います。

【使い方】
トップ画面より、青い枠内の「Sign in with Twitter」をクリックします。

その次の画面(写真1)でツイッターと連携アプリ(AutoTweet)するかの許可を求められます。

ここでは、「連携アプリ承認」をクリックします。


(↑写真1)

次に設定画面(写真2)が表示されます。
最大24個まで設定が可能になっています。

「時間と分」「ツイートする文章」を決めて、最後にトップにある「設定完了」をクリックします。

(↑写真2)

以上で設定完了となります。

【自動ツイートを使うにあたって意識してほしいこと】
こうしたツールは非常に便利で、利用者にとってはありがたいのです。
しかし、ツイッターを見ている人にとっては少々嫌がられることもあるようです。

見る側の立場で考えるとよくわかるのですが、宣伝まがいのツイートばかりでは確かに面白くありません。

しかも、それが毎度同じ内容で出現すれば、少し鬱陶しく思ってしまうのも仕方がないと思います。

見ている人にとって、有益な情報発信が出来ていれば問題は無いと思います。
しかし、そうでなければ見ている人にとっては、ある意味「不快」となる可能性があります。

情報発信している方も結果的にフォロワーが減ってしまうので本末転倒です。

私もブログを書いている側で、自動ツイートを利用している身です。

私のブログは特にジャンルは決まってませんが、「これ、少しでも読者さんの参考になるかな?」と思ったことを主に記事にしています。

だから、色々と考えて書いた記事を見てもらいたくて、いっぱいツイートしたい気持ちはすごく分かりますが、読者から目を離されてはどうしようもありません。

今回ご紹介したもの以外にも自動ツイートツールはあります。
よって、紹介した様子とは違ったツイート方法があると思いますが、どれを利用するにしても「見る人がどう思うか」を考えて使った方が、情報発信する私たち、それを見る人たちにとって「win win」な関係を築けるのではないかと思います。

では、今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です