ブラック企業かどうか見極める

投稿者:

こんにちはromanです。

3月半ばに入り気温も暖かくなってきましたね。そして、卒業シーズン到来で、あと半月で進学や就職となる人が多いのではないかと思います。

新しい場所で不安や期待でいっぱいだと思います。気持ち新たに頑張っていこうとする人がいる中でこんなことを書くのはどうかとも思いましたが、逆に前知識として持っておいても良いのではないかと思い書くことにしました。

【最初は言いなり、でもそのあとは・・・】
新入社員は社会と言うものを余り理解していない部分があります。何年もバイトをしたことが無い人であれば尚更です。思った以上に何もできない自分に当たり、ストレスを抱えてしまうと思います。これは誰もが共通する部分であると思います。
そんな風に最初のころは疲れやすく、毎日が悩みの連続だと思います。

そして、新入社員時代には先輩や上司から言われたことは絶対のように聞こえます。
その言葉が理にかなったものであり、常識的であれば問題はありませんが、理不尽なことを言われる場合があります。

嘘だと思えそうなことでも、右も左も分からない人にはそれが当たり前のように思ってしまいます。だから、理不尽だと思われることもすんなりと受け入れてしまう可能性が大きいです。

最初はそれでも良いと思います。ただ1,2ヶ月経ち、会社に慣れてきた頃に余裕が出てきて色々と冷静に考えることが出来ると思います。その時にそれがおかしなことだと思えたのであれば、きっとそれはおかしなことであると思います。

また、同僚ではない友達に話してみるのもありだと思います。そこで他の会社がどのようなものなのか情報が手に入ると思います。

そうすることで自分がいる会社の環境がどういうものなのかを判断する材料になると思います。

【時間と給料】
学生と違う所は、仕事をしてその対価としてお金をもらえることです。恐らく最初の内は定時で帰れると思います。しかし、周りの環境や仕事に慣れてくると「残業」が出てくると思います。

ここで、重要なのは残業代が付くかどうかです。会社によって様々な規定があると思いますが、基本的につかない会社はとてもまずい会社です。

仕事量が少なければ、ある程度は許容できるところもあるかと思いますが、仕事量が多くか残業代が一切出ない場合その場を去ることを早々に考え始めた方が良いです。

最初の内は自分の仕事でいっぱいいっぱいで、他のことなど考えられないと思います。しかし、ある程度社会の要領を掴むことが出来たら、それを自信にしてください。

社会人経験は浅いかもしれませんが、確実に経験として身につけた物です。だから、次は自分がずっとそこでやっていけるのかを考えてください。そうすると自分が本当に望むものが見えてくるかもしれません。

【まとめ】
もしかすると、最初に就いてしまった会社はブラック企業と呼ばれる会社かもしれません。そうだとしても、永遠にそこにいる義務はありません。お金などの問題ですぐに抜け出せない場合もあると思います。しかし、今いる場所は、次へ向かう踏み台だと思ってください。

ある程度余裕や次へ行く道を見つけたら、迷わず今いる場所を辞めて、次へ進んでください。自分がやりたいことをまず実現してください。それが、更に先に進むための道のりです。

ブラック企業の奴隷とならないように気持ちをしっかり持ちましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です