正しい働き方ってなに?

こんにちはromanです。

先日の職場での話です。仕事帰りにたまたま帰りが一緒になった同僚が「俺、今日クビ宣告された。。。」と言ってきました。私たちは契約社員なので、こういったことはあり得ると日々頭の片隅には置いていましたが、1年も経たずにこんなことになるとは思ってもみませんでした。今日はその時の話をしていきたいと思います。

【いつかとは分かっていたでも。。。】
突然のことだったので、私は何も言えませんでした。帰り道も途中まで一緒なので、とにかく私は「また急な話ですね。」と切り出しました。「そうだね。こういうこともあるから、romanも気を付けた方がいいよ」と。
その話の流れで「原因とか聞いたの?」と続いて聞きました。すると「・・・(業務内容なので書くのは控えます。)が原因って言っていた。」と。

それを聞いて「あ~なるほど。」と、その理由を聞いただけで何となく理解できた自分がいました。
その同僚とは部署は違うものの、現場が一緒になることも多く、仕事しているところをよく目にします。それに、昼食や一緒に呑みに行ったりすることも良くあったので、その同僚の仕事に対する考え方などを聞く機会が多かったです。

話す内容は良く考えられたもので、何より一生懸命さが伝わってくるほどでした。
休みの日なのにも関わらず、職場に顔を出して仕事をしたし、周りの理解を得るために資料つくりなどにも積極的でした。

しかし、一生懸命なのにどこか空回りしてしまうことがあり、なかなか周りからの理解を得らずにいる様子が多々見受けられました。

一緒に食事に行った際に、同僚本人が理解を得られないことに対してストレスを感じている様子も窺えました。

ある日の仕事終わりの食事で「仕事だし感情は余り入れない方がいいと思うよ。特に今の状況では。」と、仕事と私情は割り切って考えた方が良いこと、休める日はなるべく休むことを進めました。
しかし、同僚はスタイルを変えずに仕事をこなしていました。
そのため、私は「余計な事を言ってしまった。」と後悔していました。

「同僚は現状にストレスを感じつつも、一生懸命に仕事をやっている。自分よりも一生懸命やっている人に対して何を偉そうに言っているんだ。これからは余計なことは言わないでおこう。」と思っていました。

それが、まさかクビ宣告をされていようとは思いにもよりませんでした。
しかし、私は「一生懸命だったけど、どこかで方向がずれてしまって、現場との亀裂を埋めるどころか広げてしまったんだな。」と冷静に納得してしまいました。

【選ぶ道はあるが。。。】
ただ、完全にクビという訳ではなく「移動」という選択肢もあるようで、「辞める」か「移動」するかのどちらかみたいです。

同僚には同僚の考えがあるらしく「まだ日はあるから、もう少し考えてみる」と言っていました。
どうするのかはまだ聞いていませんが、私はどちらを選んでも間違えではないと思います。どちらにしろ、これまでより会う機会は減ってしまいますが、たまには一緒にご飯に行こうと思います。

【私にもあり得る話。でも、、、】
今回は同僚の話になってしまいましたが、契約社員と言う立場は私も同じです。
そのため、私もいつクビ宣告をされるか分からない状態であります。
(同僚とは逆で、一生懸命さが見えなくて、辞めさせられる可能性も。。。)

だからと言って、今の仕事のスタイルを変えるつもりはありません。
これまで通り、要所で頑張って、それ以外は通常通り仕事をこなすようにしていきたいと思います。
しっかりと自分の時間も取り、趣味もやりつつ将来のためのブログ運営の方も徐々に進めていきたいと思います。

では、今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です