何をするにしても大事なもの

投稿者:

こんにちはromanです。

今年も残り約1ヵ月となりましたが相変わらずの日常を過ごしております。

しかし、最近になって変わったことがあります。それは、健康に気を使うことです。

1、毎日の飲酒をやめる
2、1日の睡眠時間7時間以上
3、休みの日は数分でも自分のためになることをやる

以上の3つです。

新たな仕事に変わってからも夜遅くまで仕事をしていた時期がありましたが、それはあまり意味をなさないと分かりました。
そして、ストレスが溜るので1つの娯楽として帰ってyoutubeを見ながらお酒を呑んで寝て次の日を向かえる。
休みの日はとにかくとにかく遊ぶことだけを考えて過ごして遊び疲れて帰る、そして、次の日が休みだからとお酒をいつもより多めに飲んで次の朝また遊びに出るために重たい体を起こして外に出る。

この様に少し前の自分は仕事がある平日も“仕事が”休みの日の休日も体力を半端なく使っていました。
これでは、休みは休みでも“仕事”と言う事柄が休みと言うだけで、体(心)のエネルギーは消耗し続けていました。

ある本を見てそこに気付いた私は、自分の状態を振り返りました。
すると、社会人になってからの私はずっと体を酷使し続けてしまっていたことが分かりました。

それをしばらく続けてしまっていたせいで、それが普通の様に思ってしまっていましたが、
実はとんでもなく不健康な毎日を過ごしてしまっていたのです。

今まで「自分は体力には自信があるし、特に風も引いてないから大丈夫」と思い続けていましたが、
実際はこれが間違った考え方でした。

健康=風邪をひかない(体調を崩さない)ではなかったのです。

そんな状態を1年以上も続けていたら、風邪はひかないにしても何らかの体に異変が出てくるのは必然でした。

「上手くいかないのも当たり前」
体に何らかの不調をきたしたまま、しかも、それに気付かぬまま過ごしてきてしまえば、どこかで限界が来るのは当たり前。
思い返せばの話ですが、仕事に対しての気持ちが向かなくなった(頑張れなくなった)のが最初の兆候だったのかもしれません。

まずここから始まり、そして、その状態を引きづったまま毎日終電まで働き、ある日には色んな人に気を使いまくり、上司に煽られる。
次に仕事上でミスを連発し上司に会うたびに怒られ、会社で肩身の狭い思いをずっとしなければならなくなるなどのストレスをずっと受けることになる。
そんな、ストレスから逃れるために帰ってすぐ酒を呑む、週末は発散するために遊ぶことしか考えられなくなる。でも体力は使い続ける。

こんな毎日をいつまで続けることが出来るでしょうか?
こんな毎日を続ける意味があるのでしょうか?

生きる意味すら考えられなくなり、生きることに希望を持てなくなるのは必然的だと思います。

「バランス良く生きるためには」
暗いことを考えながら毎日を過ごす、こんな生き方は少なくとも私はしたくないと思います。
今そんな状態にあるのなら、そこから脱却するための方法を考えることを考える必要があると思います。

生き方は千万別、十人十色なので一概に「これが正しい」と言うことはできません。
これは自分自身しか考えられないこと。
誰がなんと言おうと“自分のこと”なのです。

毎日に忙殺されるのではなく、1日30分、20分、10分でも少ない時間で良いので「自分の生き方」を考え整理した方が良いと思います。

「今回私が読んだ本」

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対にミスをしない人の脳の習慣 [ 樺沢 紫苑 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/11/30時点)

 

では、今日はここまでにしておきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

↓1ポチお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です